3月19日発売の「フラッシュ」(光文社)が、お笑い芸人・狩野英孝の不倫疑惑を報じた。5年の交際を経て今年2月22日、3歳年上の一般女性と結婚したばかりの狩野だけに、このスキャンダル報道は大打撃。

 テレビ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のドッキリ企画から誕生した音楽プロジェクト「50TA」として、千葉・幕張メッセで単独ライブを開催した際、5,000人の観客が見守る中で公開プロポーズを敢行。その模様は昨年10月に放送され、狩野の真摯な態度を見ていた視聴者も多かったのではないだろうか。

 「フラッシュ」によると狩野は、入籍からわずか6日後の2月28日深夜、都内の大型カラオケ店で同世代の男性と、20代のモデル風美女の3人で合コン。その後、女性とホテルで合流し出てきたのは翌朝4時前だったという。

 狩野は先にひとりでシティホテルに入っていったが、ホテルに向かう途中でコンビニに立ち寄り、栄養ドリンクを購入する姿も撮られている。さらにこの女性とは別の日にも会っていたといい、狩野は結婚後も複数の素人女性と遊んでいると報じた。

「狩野の所属事務所は古典的な“お笑い事務所”で、女遊びも芸の肥やしといった風潮の残っている芸能プロです。かつてはウッチャンナンチャン内村光良も、プライベートに関してはほぼ“放し飼い“状態でしたからね。近年売れなくなってきた狩野だけに、フラッシュに記事が出ると聞いた時は事務所ぐるみで“仕込み”を行ったんではとも思いましたが、今回はどうも様子が違うようですね」(芸能プロ関係者)