アシュトン・カッチャーがジョブズという配役に、疑問と非難が続々

アシュトン・カッチャーがジョブズという配役に、疑問と非難が続々
ロンブー淳がユニクロ柳井さんを演じるみたいなこと?

 昨年10月、世界中の人々に惜しまれつつその生涯を閉じたデジタル世代のカリスマ、スティーブ・ジョブズ。彼の映画が制作されることは死後早々に決定していたが、1日、インディペンデント伝記映画でジョブズ役を演じる俳優が発表された。抜擢されたのは、マスコミもノーマークだった、喜劇俳優アシュトン・カッチャーであった。

 アップル社の共同創業者であり、斬新で革命的なヒット商品を次々と世に送り出してきたジョブズ。ライバルであるビル・ゲイツ同様、パーソナル・コンピューター革命を巻き起こした人物として讃えられており、その活躍ぶりは、すでに『バトル・オブ・シリコンバレー』(1999)というタイトルでテレビ映画化されている。今回制作が決定したインディペンデント映画は、ジョブズの「わがままなヒッピー時代から、アップル創始者になるまで」の道のりをメインに描くとのこと。業界大手ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが企画を進めている、ウォルター・アイザックソン著の公認伝記本『スティーブ・ジョブズ』を元に制作する映画とは関係のない作品だが、ジョブズが主人公の映画だけに大きな注目を集めている。

 1日、米エンタテイメント業界紙「Variety」は、そのインディペンデント伝記映画のジョブズ役をアシュトン・カッチャーが演じると発表。作品のタイトルは『Jobs』で、5月にクランクインすると報じた。アシュトンは、離婚協議中のデミ・ムーアと共にTwitter普及に貢献したことで知られるセレブであり、デジタル・メディアに精通している。長身でカッコよく、自信溢れる雰囲気を持つなど、ジョブズと共通点も多い。シリコンバレーの新興企業数社にも出資しており、IT業界にも詳しく、彼以上の適任者はいないと抜擢されたようだ。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月4日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。