新ユニット名が“普通”すぎ!? ジャニー社長のネーミングセンスに陰りが……

新ユニット名が“普通”すぎ!? ジャニー社長のネーミングセンスに陰りが……
キラキラネームに負けるな、おじいち<br />ゃん!

 1986年から23年間、少年隊主演で上演されてきたジャニーズ事務所のオリジナルミュージカル『PLAYZONE』。2008年の夏を最後に少年隊が“卒業”して以降も、09年はKis-My-Ft2、2010年、2011年は今井翼が主演を務め、その伝統を守り続けている。

 そんな『PLAYZONE』の今年の出演者が4月27日に発表された。座長を務めるのは、昨年に引き続き今井翼。そのほか、中山優馬屋良朝幸佐藤アツヒロジャニーズJr.から「ふぉーゆー」「They武道」「“MAD”」「Travis Japan」の4ユニットがキャストとして名を連ねている。A.B.C-Zが抜けた以外、メインメンバーは昨年とほとんど変わらず、歌にダンスに実力のある個性派揃いだ。

 そして、このキャスト発表と同時に話題になったのが謎の新ユニット「Travis Japan」。メンバーは川島如恵留森田美勇人、仲田拡輝、七五三掛龍也中村海人宮近海斗吉澤閑也、梶山朝日、阿部顕の9名だという。

「川島、森田、仲田、七五三掛の4名は、これまでの『PLAYZONE』でもおなじみのメンバーです。2010年は『S.A.D.』、昨年は『JR.A』というユニット名をつけられて出演していました。今回は、その『JR.A』に5人を加えて、新たなユニットに進化した形のようです」(Jr.ファン)

 現在、上演中の滝沢秀明主演舞台『滝沢歌舞伎』にも出演している「JR.A」。ユニットとしてのまとまりがようやく出てきたところで、またしてもユニット名変更とは……。「ワケわかんない」「JR.Aはそのままで、5人を新しいグループにすれば良かったんじゃ?」などファンからも非難の声が上がっているが、さらに残念なのがこのネーミング。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2012年5月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。