移籍と解雇の繰り返し……渡辺典子、引く手あまたなのに開店休業状態

移籍と解雇の繰り返し……渡辺典子、引く手あまたなのに開店休業状態
渡辺典子公式サイトより

 かつては薬師丸ひろ子原田知世と共に「角川3人娘」と呼ばれ、近年では島田紳助の元愛人として報じられた渡辺典子。現在でも主演級のキャスティングが相次ぐ薬師丸や原田だが、対して渡辺は表舞台からほぼ姿を消してしまっている。一説では体調不良による休業期間に入っているとも言われるが、実情は少々違ったようだ。

 渡辺は1982年、「角川映画大型新人女優募集」でグランプリを獲得。大分在住で当時16歳だった渡辺は、同年公開の映画『伊賀忍法帖』でデビュー。翌年の映画『積木くずし』では初主演を飾っている。やがて角川春樹事務所を離れると、さらに精力的にドラマ出演など仕事をこなしていったという。

「事務所移籍後、渡辺は年間30本を超えるドラマ出演をこなし、まさに1日の休みもなく仕事をしていました。しかし90年代初頭、移籍先の事務所に不満があったようで大手芸能プロへ移籍を画策したことが、デビュー時から渡辺をかわいがっていた“芸能界の実力者”の逆鱗に触れてしまったそうです」(民放関係者)

 この一件のため、渡辺には仕事を干された時期も存在したという。またプライベートでは95年にプロ野球選手の西岡洋と結婚しているが、98年には離婚している。

「干されていた間も島田紳助や他の芸能プロ関係者の力を借り、大手事務所に移籍を画策していたこともありましたが、いずれも失敗に終わりました。一時期はホステスのような仕事もしていたようで、よほど仕事に恵まれなかったのでしょう」(週刊誌記者)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2012年5月6日の芸能総合記事
「移籍と解雇の繰り返し……渡辺典子、引く手あまたなのに開店休業状態」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    晴れときどき殺人

    1
  • 匿名さん 通報

    代表作「いつか誰かが殺される」は傑作映画でした。またの活躍祈ってます

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上白石萌音」のニュース

次に読みたい関連記事「上白石萌音」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「南野陽子」のニュース

次に読みたい関連記事「南野陽子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「原田知世」のニュース

次に読みたい関連記事「原田知世」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。