Twitterで禁止用語連発のサミュエル・L・ジャクソン、出演作批評にブチ切れ!

Twitterで禁止用語連発のサミュエル・L・ジャクソン、出演作批評にブチ切れ!
63歳、「グレートファンキー爺」の称号を手に入れている<br />サミュエル・L・ジャクソン

 公開週末の北米興行収入推定2億30万ドル(約160億円)と、史上最高の興行成績を収めた超大作映画『アベンジャーズ』。この作品でスーパーヒーローたちを束ねる重要な役どころを演じているサミュエル・L・ジャクソンが、同作品を酷評するレビュー記事を執筆した大手新聞紙の映画評論家にブチ切れ、Twitterで毒を吐いた。

 ウォルト・ディズニーとマーベルが組んで制作した『アベンジャーズ』は、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、雷神ソー、ハルクなど世界的に有名なスーパーヒーローたちが結束し、地球滅亡の危機を回避する戦いに挑むというストーリー。ロバート・ダウニーJr、クリス・エヴァンス、クリス・へムズワースやスカーレット・ヨハンソンらとキャストも超豪華で、撮影が始まる前から何かと注目されてきた。この作品でサミュエルは、個性的なスーパーヒーローたちのまとめ役であるニック・フューリー長官を熱演している。

 4月に入りロサンゼルスを皮切りにイギリスやイタリアなど世界各地でプレミア上映イベントが行われ、その都度絶賛されてきた『アベンジャーズ』。しかし、米ニューヨーク・タイムズのベテラン映画評論家A.O.スコットは、「がっかりさせられる失敗作」だと手厳しく評価。サミュエルが演じているフュリー長官役のことを「任務指揮官というよりも映画の進行係のようだ」と、酷評する記事を掲載した。

 サミュエルはこのレビュー記事に激怒し、Twitterに「『アベンジャーズ』のファンたちよ、ニューヨーク・タイムズの評論家A.O.スコットは、新しい仕事を探すべきだと思わないかい!」とツイート。「ぜひとも職探しを手伝ってやろうじゃないか。今度は彼がきちんとできる仕事を探してやるのさ」と毒を吐いた。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「コリン・ファース」のニュース

次に読みたい関連記事「コリン・ファース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マーク・ラファロ」のニュース

次に読みたい関連記事「マーク・ラファロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月7日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。