『うたの☆プリンスさまっ♪』でもおなじみの、人気声優の鈴村健一が、長年所属していた大手声優事務所「アーツビジョン」から独立し話題になっている。声優が独立する場合、関智一、堀内賢雄の様に自分で事務所を立ち上げ、同時に新人育成養成所を設立、自らが会社を経営するケースが数年前までは多く、昨年「アクセルワン」を立ち上げたベテラン声優の森川智之もそのケースにあてはまる。

 だが今回の鈴村や、俳協から独立した岸尾だいすけ、第一線で活躍を続けている石田彰など、最近は養成所を運営しないままフリーになるケースが多い。個人事務所というと、「永遠の17歳」でおなじみの井上喜久子、声優界で「閣下」と呼ばれている林原めぐみ、三石琴乃などがいるが、それと鈴村はまた事情が違うようだ。

「三石琴乃や林原めぐみの場合は、自分で仕事の裁量を決めたいためフリーというスタンスを取っています。井上喜久子は実姉がマネジャーをしていますが、鈴村の場合は所属していたアーツビジョンのマネジャーと独立しています。自分で仕事の裁量を決めるというより、仕事の幅を広げてマルチな活動をすることが狙いなのでは」(業界関係者)

 鈴村は中堅の男性声優には珍しく、写真集を発売したり女性ファン向けのCDやゲームの仕事を展開するなどファンのツボを押さえた活動をしている。しかし一方で、アニメ作品への露出は減っているという声も聞こえてくる。

「声優が所属事務所のマネジャーと独立し個人事務所を設立する場合は、声優以外の仕事を積極的に展開していこうという狙いがある。まず声優というのは、アニメの仕事を優先するものですがね」(同)