「道徳上の罪だよな」! ウディ・アレンに実子とミア・ファローが軽蔑のツイート

 天才肌の名監督だが、常人離れした変わり者としてバッシングの標的になることが多いウディ・アレン。つい先日も、スン=イーとの間にもうけた養女を抱きしめる写真が公開され、ペドフィリア(小児性愛)のようで気持ち悪いと叩かれたばかりだ。そんな彼の実の息子が、父の日につづったツイートが、機能不全家族の犠牲者の生々しい声だと、世間の注目を集めている。

 ウディとミア・ファローの唯一の実子であるローナン・ファローは、5歳の時に両親の醜い別れを目の当たりにした。破局原因は、ウディがミアの養女スン=イー・プレヴィンと男女関係に陥ったこと。10歳の頃から父親として接してきた養女と性的関係を結んだことから、ウディは世間から激しい批難の声を浴びた。ローナンはミアに引き取られ、ウディは血を分けた息子である彼と「第三者の立会いのもと面会できる」ことになったのだが、会いに来ることはほとんどなかったという。

 機能不全家族の中育ったローナンだが、反社会的な行動を取るなど、人の道をそれることはなかった。頭脳明細だった彼は11歳で大学に入学。15歳で卒業した後、すぐにイェール・ロー・スクールへの入学が許可されたが、外交官で国連大使だったリチャード・ホルブルックの元で働くため、19歳までイェールには通わなかった。24歳になる彼の現在の肩書きは、弁護士、人権活動家、フリーランス・ジャーナリスト。国務省の特別顧問も務めており、グローバル・ユース問題に取り組んでいる。興味がないようなそぶりを見せているウディだが、自慢の息子だと思っているに違いない。


編集部おすすめ
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク