2年前、ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーとアンジェリーナ・ジョリーが不倫関係にあったという衝撃的なゴシップ報道が流れた。バンコクのオリエンタル・ホテルで逢瀬を重ねていたと伝えられたが、もうすぐ発売されるミックの伝記本によると、2人は交際していなかったとのこと。なんでも、ミックの激しい片思いに終わった、悲しい中年の恋物語だったのだという。

 2人の元妻と4人の元恋人との間に7人もの子どもをもうけているミック。9年間の結婚生活を送った元スーパーモデル、ジェリー・ホールが産んだ4女ジョージア・メイ・ジャガーが、マドンナが娘ローデスと手掛けるファッション・ブランド「マテリアル・ガール」の新しい広告塔に就任したり、最初の妻が産んだ次女ジェイド・ジャガーの挙式報道など、ここ最近は娘がらみの“おめでたいニュース”が多かった彼だが、今回発売される伝記本で、子どもたちには読ませたくない、なんとも情けない話を暴露されてしまった。

 10日に発行される非公認伝記本『Mick: The Wild Life and Mad Genius of Jagger』の著者、クリストファー・アンダーソンが、8日に米紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版に寄稿した記事で明かした内容によると、ミックはザ・ローリング・ストーンズの「Anybody Seen My Baby?」(1997年)のミュージックビデオにストリッパー役として出演したアンジェリーナにベタ惚れしてしまい、数年にわたって必死でアプローチをかけていたとのこと。