「モテる私」を公言してはばからない芹那、“同性に媚びない”という生きざま

 今回ツッコませていただくのは、今、大ブレイク中の元SDN48・芹那

 芹那のことを、女は一体どのように観賞したらよいのだろうか。女が芹那を少しでも批判すると、たいてい「男ウケの良い女を、女は嫌う」「モテないブサイクの僻み」と一蹴されてしまうのがオチだとわかっているのに、それでも「え、芹那? かわいいんじゃない?」「声も全然わざとらしくないよー」などと上っ面で言うことができない芹那の存在感。一体何なのか。

 理由の1つは、もちろんあの特徴的な声だ。でも、女が芹那をスルーできないのは、それよりも、えも言われぬ不快感を、単純に「かわいい&モテるからという僻み」「キャラを作っているから」などという理由だと決めつけられてしまうこと自体への苛立ちもあると思う。

 この、えも言われぬ不快感の正体は何なのか。自分なりに考えてみたのが、9月18日放送分『PON!』(日本テレビ系)。外国人のスターに前のめりになる芹那に、司会のビビる大木は言う。

「芹那は“大物”にすぐに食いつくから~~」

 普通だったらここで、「そんなことないですよ~」とか「私、もともと○○さん大好きなんです!」とか否定しつつ、ごちゃごちゃ言い訳をしてしまうところなのに、芹那はただ笑い崩れる。「やあぁだあぁ~~~♪♪」すごくシンプル。しかも、否定しないのだ。

 そういえば、芹那のことがどうしても気になったのは、8月に放送された『お願い!ランキング 大倉忠義関ジャニ∞) 小森純 芹那 ストライク♪ミュージック』(テレビ朝日系)である。そこでの芹那のトークといえば、「勉強がすごくできた」ことや、「今思えばアレ、告白だったのかも。(自分に告白した人たちの名前とか)全然覚えてないケド(笑)」などなど、びっくりするほどの自慢のオンパレード。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

芹那のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芹那」に関する記事

「芹那」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芹那」の記事

次に読みたい「芹那」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク