現場は殺伐、参加者は嘔吐……ジリ貧の『大食い王決定戦』ウラ話

「一般人がヒーローになる」という部分も、視聴者の好感を得る一因となっていたのだろう。しかし、実際の現場では、テレビでは決して放送されない部分も存在していたようだ。

「選手たちが、現場でトイレに駆け込んで食べたものをすべて吐き出していたことを、参加者がブログで告白して話題になりました。またある番組では、『宣伝に協力する代わりにノーギャラで』とのオファーを受けた飲食店で、数人の参加者が100人前以上を平らげてしまい大赤字になった、なんてことも」(同)

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

さらに参加者同士の人間関係をめぐって、番組に出演したことがある関係者が証言する。

「大食いに限らずいえることですが、『TVチャンピオン』の対決は、完全なる真剣勝負のため、相当ピリピリした現場なんです。趣味の延長で出ている人たちからすれば話は別でしょうが、仕事で出ている方は、今後の営業にも大きな影響が出るため、絶対に負けられない戦い。会話どころか挨拶もしないような関係ですよ」

番組では、参加者同士が仲良く会話をしている様子も放送されているが、それはあくまで極一部の者たちだけの話で、基本的に現場は常に殺伐としているという。また番組の今後について、前出の関係者が続ける。

「20%近い視聴率を叩き出していたのもかつての話で、現在は新しい風を吹かせようと、新世代の“大食い王探し”に、躍起になっているようです。例えばギャル曽根は、あんな小さな体なのに大量の料理を本当においしそうに食べるという点で、現場や視聴者からも人気を集めました。テレ東からすれば『大食い番組は自分たちが創りだした文化』という意識も強く、現在は第2のギャル曽根を誕生させようと、新女性大食い王の発掘に力を注いでいるようです」

次世代の大食い王はこれまで以上の期待と使命を背負いながら、殺伐としたフードバトルに挑むことになりそうだ。

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。