「話し合いは上層部のみで片付けられてしまったため詳細はわかりませんが、出店にあたって、『相葉が嵐を辞めることになる』という話まで出たようなのです。桂花楼は、ジャニーズ事務所からここまで目の敵にされているのかと、企画部内では今回のオファーの話自体、タブー化されてしまいました」(同)

 やはり警告を受けてもグッズ販売を止めない桂花楼だけに、ジャニーズ事務所からは完全に目を付けられてしまっていたのだろう。東京ソラマチとしても、揉めごとは避けたいだけに、すぐさま桂花楼からは手を引いてしまったようだ。実際に、東京出店について桂花楼に問い合わせたをしたところ、「今のところその予定はない」とのことだった。

「ソラマチ店ではグッズを販売しないなど、決まりごとを作る余地もあったはずですが、実際にはジャニーズの横槍で、出店話はなくなってしまったといわれています。しかし相葉やほかの嵐メンバーも桂花楼には愛着を持っており、こうしたいざこざが発生してしまうのは、本人たちにとっても悲しいことでしょうね」(ジャニーズに詳しい記者)

 こうして、夢の東京進出プランは、東京ソラマチや桂花楼、そしてファンにとっても残念な結果に終わってしまった。今後も相葉や嵐ファンたちは、千葉に通い続けることになりそうだ。