「OL」「熱狂」はNG! 最新テレビ放送禁止用語に見る、言葉狩りの脅威

「OL」「熱狂」はNG! 最新テレビ放送禁止用語に見る、言葉狩りの脅威
拡大する(全1枚)

 今月26日放送された朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の「10秒しりとり」という企画の中で、レギュラー出演中のアイドル・曽田茉莉江が、「ロンパリ!」という言葉を使ってしまったことが、ネットを騒がせている。「ロンパリ」とは、「一方の目でロンドンを、もう一方の目でパリを同時に見る」という意味で斜視の比喩表現である。1950年代に普及した言葉であるが、現在は差別用語とされてテレビでは使用が自粛されている。

 また昨年の3月にはTOKYO MXの人気番組『5時に夢中!』で漫画家・西原理恵子が女性器の俗称「まんこ」を生放送中に発言したとして番組をクビになった。この件で同局に対して不満を持った高須クリニック院長・高須克弥が、番組のスポンサーを下りるという騒動にまでなっている。

 これらの件はさすがに問題視されても仕方がないが、テレビの現場からは、過敏になる一方の差別用語に対し、一部で疑問の声も上がっているという。主にバラエティ番組で活動するベテランディレクターが語る。

「卑猥な表現や、蔑視のために生み出された差別用語が禁止なのは当然としても、最近は日常で使われる言葉までも放送禁止用語とみなされています。多岐にわたりますが、例えば、『外人』『父兄』『片親』なども、人種差別や、女性差別、障がい者差別に当たる可能性があるとして、理由がないならば使わないように指示されています。これらの言葉を普段耳にして、『差別だ!』と思う人はほとんどいないとは思いますが」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク