ダルビッシュ有の弟逮捕、相次ぐ身内トラブルに、戦々恐々の芸能プロ増加?
拡大する(全1枚)

 芸能人の“身内”がトラブルを起こすケースが相次いでいる。今月15日、ダルビッシュ有と松雪泰子と実弟が、それぞれ傷害事件で逮捕されたことが明らかになった。つい先日も、みのもんたの次男が窃盗容疑で逮捕されたことにより、みのが番組出演を自粛するという事態に追い込まれたが、こうしたケースは芸能人にとって非常に扱いに困る事案のようだ。

 ダルビッシュの弟で自称スポーツマネジメント業のダルビッシュ翔容疑者は、知人の19歳の少年を殴るなどしてけがを負わせ、傷害の疑いで逮捕された。この件に関して、ダルビッシュ本人はいまだコメントを発表していない。一方で松雪の弟、歌手の松雪陽容疑者はタクシー運転手と口論になり、運転手に暴行を加えた後に車体を蹴り、傷害と器物損壊容疑で逮捕された。松雪は即座に「この度は、弟の事で多大なご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした」という謝罪コメントを発表した。

「こうしたケースは、タレント本人とは一切関わりがないだけに、対応は非常にデリケートです。完全にスルーするのか、謝罪コメントや会見を行うのか、またみののように“開き直り”に見えないような態度にならないかなど、本人だけでなく周囲のスタッフも非常に頭を抱えると思いますよ」(芸能プロ関係者)

 近年でもローラの父親が詐欺容疑で国際手配されたり、次長課長・河本準一は母親が生活保護を不正受給していた疑惑が報じられ、活動休止に追い込まれた。また中には、家族が死亡事故を起こしてしまったケースも存在している。