『ほこ×たて』ヤラセ発覚! 優良番組に自ら泥を塗った、フジの視聴率至上主義

『ほこ×たて』ヤラセ発覚! 優良番組に自ら泥を塗った、フジの視聴率至上主義

 フジテレビ系で放送中のバラエティ番組『ほこ×たて』の放送内容に“ヤラセ”が存在していたと、出演者がブログで暴露したことが話題になっている。今月20日放送の同番組の出演者・ラジコンカー操縦者の広坂正美さんが、自身のブログで「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」とつづり、放送回で行われたヤラセについて言及している。

 告発を受けた企画は、「スナイパー軍団VSラジコン軍団」。「どんな物でも捕らえるスナイパー」と「絶対に捕らえられないラジコン」の対決で、それぞれ3人ずつのチームを組んだスナイパーとラジコン操縦者による勝ち抜き戦が行われた。放送では、スナイパー側がラジコンカーとラジコンヘリへ勝利するものの、最終戦のラジコンボートで3人連続敗退、ラジコン側が逆転勝利という流れになっていた。ところが、広坂さんのブログによると、現場では、まず初戦にラジコンボートの対決が行われ、ラジコン操縦者側が3連勝、ラジコンカー、ラジコンヘリの対決を待たずして、早々と勝負の決着がついてしまったという。しかし、それではラジコンカーとラジコンヘリの対決が見せられないということで、急きょ現場で対決の順番を入れ替えることが決まり、撮影が行われたという。

 また広坂さんは、「放送ではラジコンカーがスナイパーに撃たれ負けた事にされ」てしまったことに立腹。実際の現場では、スナイパー側が対決ルールを無視するというアクシデントが発生したため、「スナイパーVSラジコンカー」の対決は中止されたという。つまり、スナイパーとラジコンカーの対決シーンは、すべて捏造されたものだったのだ。さらに広坂さんは、過去に同番組に出演した際にも、こうしたヤラセが存在していたことにも言及している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2013年10月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。