売春宿で倒れたラマー・オドム、壮絶な人生に同情が集まるも悲観せざるを得ない状況

売春宿で倒れたラマー・オドム、壮絶な人生に同情が集まるも悲観せざるを得ない状況

 私生活を売りにしているカーダシアン三姉妹の三女クロエ(31)と結婚していた、元NBA人気プレーヤーのラマー・オドム(35)が売春宿で意識不明となり、救急搬送された病院で危篤状態に陥ったと報じられている。

 複数のメディアが報じた内容によると、ラマーは13日、3日間滞在していたネバダ州の売春宿で意識不明となり、長身すぎて救急ヘリには乗れなかったため、救急車で搬送された。コカインだけでなく、売春宿から購入したバイアグラを3日間で10錠も服用していたことが判明。このバイアグラは、米食品医薬品局が2013年に使用を中止するよう警告を出したもので、これら薬物の過剰摂取により発作を起こし、脳障害、腎不全を起こし、意識不明の重体になったと伝えられた。腎臓のほかにも、3つの臓器が機能していないとのことで、生還する可能性は非常に低いと悲観されている。

 クロエは、カーダシアン一族と共にプライベートジェットで駆けつけてからというもの、ラマーのそばを片時も離れず見守り続けているとのこと。全米一のお騒がせセレブである姉のキム・カーダシアンや、実母クリス・ジェンナーも一緒だったことから、「こんな時にもリアリティ番組の撮影か!」と批判する声が上がったが、すぐにカメラは同行させていないことが発表された。クロエは、ラマーの子どもを3人産んだ元彼女を呼び寄せる手配をし、「離婚した元妻なのに、ここまでするのか」とゴシップ好きを驚かせたが、直後、クロエとラマーの離婚は成立しておらず、法的には夫婦であることが判明。クロエは意識のないラマーに代わって、医療上の決断を下さなければならない立場だと伝えられると、全米は一気に彼女に同情した。

 売春宿でコカインとセックスピルを過剰摂取したラマーだが、軽蔑する声はなく、逆に同情や応援する声ばかりが上がっている。彼がここまで自暴自棄になったのには、家族愛に恵まれず、選手としても低迷し、クロエとの仲も不本意ながらうまくいかず、精神的に追いつめられた結果だからだと、多くの人が知っているからだ。

 ラマーの出身地はニューヨーク・クイーンズ。1980年代、クイーンズの治安はとても悪く、刑務所の看守だった母親はラマーが犯罪に染まらないようにと、女手一つで必死に彼を育てた。父親は体に障害を持つ元米軍兵でヘロイン中毒だったため、子育てには関わらず、寄り付きもしなかった。

 母親は幼い頃から息子にバスケの才能があると確信して応援したが、若くして大腸がんを発症。ラマーが12歳の時に亡くなってしまった。才能と体格に恵まれたラマーは頭角を現すようになり、高校生活最後の年には米紙「USAトゥデイ」から、「最も才能のあるバスケットボール・プレイヤー」に選出された。大学での活躍が買われ、99年にNBA入り。04年のアテネオリンピックには、アメリカ代表選手として、参加しチームをメダルへと導いた。また、同年には名門「ロサンゼルス・レイカーズ」に移籍し、08‐09、09‐10シーズンの2連覇に大きく貢献。2m8cmという長身だが、繊細なプレーも得意で、バスケにおける5つのポジション全てをこなせるユーティリティプレイヤーとして、全米にファンを持つようになった。

 バスケの神様には愛された彼だが、家族運には恵まれず。交際してきた女性との間に3人の子をもうけるものの、06年に次男が生後6カ月で乳幼児突然死症候群により急死。03年には祖母を亡くしており、シューズに母、祖母、次男の名前を書くなど、精神的に不安定な日が続いた。

 そんな彼が運命の出会いをしたのは09年8月。パーティーで知り合ったクロエと、たちまち恋に落ちたのだ。2人は翌9月に電撃婚をし、チームメイトや、ケリー・オズボーンらセレブ友逹の見守る中、永遠の愛を誓った。カーダシアン家の日常を追うリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で結婚式の様子を流し、2人の新婚生活を追うスピンオフ番組『Khloe and Lamar』も制作された。

 しかし、四六時中カメラに追われるだけでなく、パパラッチやタブロイドにも追われる異様な生活にラマーが疲れ、2人は不仲に。『Khloe and Lamar』は2シーズンで打ち切られ、ラマーの不倫や薬物乱用がウワサされるようになり、精神的に追いつめられた彼は家出。クロエの姉・コートニーが行方不明届を出すなどの騒動も起こった。13年8月にはDUI(薬物、アルコール影響下の運転)容疑で逮捕され、リハビリ施設に入所するものの、たった1日で出てきてしまい、どうにも救えないと絶望したクロエは離婚を決意。同12月に離婚申請したが、未練たらたらで、ラマーの帰りを待ったり、電話したりと、復縁の可能性を探り続けた。

 クロエと破局した頃、ラマーは選手としての低迷も始まり、複数のチームを渡り歩くも、ケガや成績不振で解雇や契約解除という憂き目に遭うように。NBAから見捨てられたラマーは、今年6月、再び親しい人を亡くすという不幸に見舞われる。親友が、ヘロインの過剰摂取により急死したのだ。米紙ロサンゼルス・タイムズのインタビューに、「自分の身近にいる人たちが次々と死んでいく」「もう何人も墓場に埋めてきた」と発言するなどラマーは激しく落ち込み、クロエに連絡。クロエは彼を励まし、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でも、「ラマーは本当に多くの大切な人たちを亡くしている。私は、そんな彼の支えになりたいの。特に彼が悲劇に見舞われたときには」と発言。「ラマーのことが心配。すごく警戒しているわ。ささいなことがきっかけで、一気に転落しちゃいそうなんだもの。彼を、そんな目に遭わせたくない」とも言っており、ネット上では「悪い予感が的中した」と同情が集まっている。

 人として魅力的であったラマーは誰からも好かれ、キムの元夫で、カーダシアン家を連想させるものとは一切の関わりを絶ってきたNBA選手のクリス・ハンフリーズもTwitterで、「みんな、ラマー・オドムが回復するように祈ってくれ。彼は素晴らしいプレーヤーだった。人間としても本当に素晴らしい人なんだ」とツイート。NBA関係者は次々とラマーの回復を願うツイートをしている。

 ラマーの58歳の父親も病院に駆けつけ、「息子は薬物を盛られたんだ!」とまくし立てているが、実はこの父親はかなりの問題児。2年前、メディアの取材を受けた際に、カーダシアン家のせいで、ラマーのキャリアは低迷し、薬物に手を出すようになったと批判。ラマーは、「父親らしいことなどなに1つしなかった男に、そんなこと言う資格などない」「カーダシアン家はなんの見返りも求めず、自分を愛してくれた唯一の家族だ。自分が苦しんでいる時も頼れることができる唯一の家族だ」と大激怒し、金銭援助を打ち切ると断言。父親は慌てて発言を撤回したことがあるのだ。

 心安らげる家族を求めたのに、かなわなかったラマー。米大手ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」は「ラマーが脳死宣告を受けた」「クロエは、ラマーの生命維持装置を外すかどうかの決断を迫られている」と伝えたばかりだが、多くのアメリカ人たちは、波瀾万丈な人生を歩んできたラマーに奇跡が起き、人懐っこい笑顔を見せてくれることを願っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2015年10月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら