テイラー、ウソがバレて赤っ恥! カニエが電話でテイラーについての歌詞の許諾を取っていた

テイラー、ウソがバレて赤っ恥! カニエが電話でテイラーについての歌詞の許諾を取っていた

 DJのカルヴィン・ハリスと破局し、新恋人のトム・ヒドルストンに乗り換えて以降、逆風が吹き荒れている歌手のテイラー・スウィフト。これ以上のスキャンダルは避けたいというこのタイミングで、最強の爆弾が投下された。彼女を侮辱するようなラップをしたカニエ・ウェストが許可を取ったと言い張っていた「Famous」の歌詞について、カニエがテイラーに電話している動画が公開されたのだ。

 問題の動画は、7月17日にカニエの妻キム・カーダシアンが動画共有アプリ「Snapchat」に投稿したもので、カニエがテイラーのナッシュビルの電話番号に変更はないかと質問するところからスタート。そして、カニエは、「Famous」の出だしのラップ「For all my Southside niggas that know me best/I feel like me and Taylor might still have sex(オレのことを知り尽くす全てのサウスサイドの友よ/オレは今でもテイラーとセックスしたいかも)」を読み上げる。そして、「この部分はクールだと思うんだよね」と説明するカニエに対して、テイラーは「そうね、賛辞って感じだわね」とコメント。カニエはテイラーの理解を得て、うれしそうに微笑む。

 続けて「オレが気にかけてるのはさ、人間であり友人であるきみのことなんだ。きみがいいなと感じることをしたい。人が嫌な気持ちになるようなラップはしたくない」と熱弁するカニエに、テイラーは、「自分がよいと思う歌詞を使えばいい、任せるわ。どちらにせよ、世間をからかう冗談っぽい歌詞なのは明白なんだし」「事前に教えてくれてありがとう。感謝するわ」と返す。

 カニエは、スムーズに許可をもらえると思っていなかったのか、「きみのことは友人だと思っているからさ。友人として責任を持って(事前に)伝えなければと思ってね。歌詞に対して、超クールでいてくれることに感謝するよ」と、うれしそうに語り掛ける。これに対してテイラーも、「私も本当に感謝しているのよ。あなたが歌詞の内容を教えてくれるなんて、思ってもみなかったわ。贈ってくれた花々も、ね。インスタグラムに写真を載せたら、これまでで一番多くの“いいね!”を集めたのよ」と応じている。

 カニエは「(友人)関係っていうのは、強烈な歌詞なんかよりも大事なものだからさ」と、テイラーが歌詞を嫌がったら変更するつもりだったことも示唆。テイラーも、「そうよね。その部分を聞いた人が、“ちょっと、これはマズいんじゃない? テイラー、泣いてるんじゃない?”なんて思われたくないものね」と、自分の了解を得ていることを公にしていいという口ぶりで続ける。その上で、テイラーは、「確執だの、侮辱だのと言われるでしょうけど」「この曲がリリースされた直後、私はグラミー賞に出席するでしょ。レッドカーペットで、当然、この曲について聞かれるわよね。その時、言うわ。“カニエから電話もらってたから、知ってたのよ”って」と自ら発言したのだ。

 カニエとテイラーは電話で会話をしているため、テイラーの顔は見えない。しかし、カニエや周囲のスタッフの表情からして、この動画が偽物だとは考えにくい。なによりも、声や話し方がテイラーそのもの。間違いなく本人だと信じられるものなのだ。

 今年2月に「Famous」がリリースされた際、世間はこの「オレは今でもテイラーとセックスしたいかも」というくだりに度肝を抜かれた。2009年の『MTV Video Music Awards』で、テイラーの受賞スピーチをカニエが妨害してからというもの、2人は敵対関係にあるとされていたが、昨年、2人は和解。電話にもあったように、カニエがテイラーに美しいフラワーアレンジメントをプレゼントするなど、確執を乗り越えて真の友情が芽生えたとアピールしてきたからである。

 「Famous」のテイラーに関するくだりは、「オレは今でもテイラーとセックスしたいかも」のほかに、「なぜかって? だって、オレがあの女を有名にしてやったから」「オレがあのビッチを有名にしてやったんだ」という2カ所。世間は「いくらなんでも、テイラーがかわいそう」「子どもを持つ父親の書く歌詞か」と批判したが、カニエは「テイラーからは事前に許可を得ている」と胸を張って発表。しかし、テイラーの代理人は、「カニエは電話で歌詞についての了承なんて取っていない。テイラーにTwitterで『Famous』の宣伝をしてくれないかと頼んできただけ。テイラーはこれを断り、『軽蔑的な歌詞の曲をリリースするのはやめて』と警告したんです。『オレがあのビッチを有名にした』なんて実際の歌詞については、一切、知りませんでした」と発表した。

 世間は「確かに、こんな歌詞、テイラーが聞いて了解するわけない」とテイラーに同情が集まったが、カニエはTwitterで、「歌詞については了承を得た」と頑なに主張。しかし、その数日後に開催されたグラミー賞での受賞スピーチで、テイラーは「世界中の若い女性たちに伝えたい」「この先、あなたの偉業や名声を自分の手柄にしようとする人が現れるでしょう」と語りだし、「カニエへの反撃」だと話題に。

 一方のカニエはグラミー賞の2日後に、人気深夜番組『サタデー・ナイト・ライブ』にパフォーマンス出演しているが、紙「Page Six」は、このときにカニエが楽屋で怒りを爆発させたと報道。怒鳴っている音声を公開したが、その中には「テイラーはフェイクだ! フェイクなケツ野郎だ!」とブチ切れる言葉も録音されていたのだ。

■テイラーは被害届を検討中!?

 テイラーだが、インスタグラムで声明を発表。「カニエがわたしのことを、『“あのビッチ”って言うよ』って説明している動画はどこ? そんな動画なんて存在しないわよね。だって、聞いてないんだから」と主張。「2009年から巻き込まれ続けていて、本当にうんざり。もうやめてくださらない?」と反撃した。

 確かに、動画には「あのビッチを有名にしてやった」という歌詞を説明している部分はない。しかし、世間はどちらかというと、「オレは今でもテイラーとセックスしたいと思うかも」に強烈な印象を受けており、この部分についてテイラーは「賛辞って感じだわね」と了承していたのだ。さらに、テイラーは「許可を求める電話なんてなかった」と言い続けてきたわけで、これには「カニエがぶち切れるのも理解できる」「こんな酷い裏切りを受けたのだから、カニエがメルトダウンするのもわかる」と、カニエに同情する声が多数上がっている。

 米大手芸能ゴシップサイト「TMZ」によると、ウソがバレてしまったテイラーは、カニエとキムへの報復を企てているとのこと。「自分の許可なしで会話を録音された挙げ句、世間に公表された」として、警察に被害届を提出する準備を進めていると伝えた。テイラーはカニエが「Famous」をリリースした2月に例の会話が録音されていたことを知り、弁護士に相談。テイラーの弁護士はすぐに、カニエの弁護士に「会話の録音が行われたカリフォルニア州の法律では、相手の許可なく極秘に会話を録音することは犯罪であり、重罪である」と非難する書類を送りつけた。そして、「ただちに録音テープを破棄し、破棄したという証明を示すこと。絶対にテープをバラまかないこと」「テイラーは、法律に違反したあなた方を提訴する権利がある」と警告したという。

 今回のキムの行為はこれに違反するものだというのだが、キムとカニエは訴えられても身を守れる手段は取っているという説も出ている。カーダシアン家には有能な弁護士がついており、カニエも信頼できる弁護士を雇っている。テイラーに訴えられても大丈夫だと確信した上で、もしくは、少しぐらい罰を受けてもいいと覚悟した上で、テイラーを叩きのめすために絶好のタイミングで、この動画を投下したと見る者も少なくない。

 11歳の時に、彼女と舞台に立ったという男性が、「僕の才能に嫉妬したのか、公演の後、僕の写真をびりびりに破って丸めて壁にぶつけたことがあったんだ」と暴露するなど、「テイラーの本性は、とんでもないビッチ」報道は途切れることなく続いている。一体、テイラーがどのような反撃に出るのか。キムとカニエが、それをどう受けるのか。今後の展開から、目が離せそうにない。

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2016年7月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。