元ボディガードが、「アンジーはみんなに愛されていたけど、ブラピは嫌われていた」と暴露
拡大する(全1枚)

 9月20日、「ハリウッドのロイヤルファミリー」と呼ばれていた、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット夫妻が離婚に向けて動きだしたと報じられた。原因は、「9月14日にフランスからロサンゼルスに帰国するプライベートジェット機内で、ブラッドが息子マドックスに暴言を吐き、暴力を振るったから」と報じられている。この件は、日本の児童相談所にあたるロサンゼルス郡DCFSに匿名で通報され、現在DCFSが調査中。飛行機内で起こったため、FBIが調査に乗り出し、先日アンジェリーナと子どもたちに事情聴取を行ったとも伝えられている。

 アンジェリーナはこの件以来、子どもたちに危害が加えられることを懸念し、ブラッドに会わせないようになった。ブラッドは激しく落ち込み、猛反省。今月上旬に、DCFC職員の立ち会いのもと、子どもたちと90分間の面会が許されたときは、涙を浮かべたと報じられている。しかし、この時ブラッドと再会したのは、マドックスを除いた5人。ゴシップ芸能誌「Usウィークリー」は、「マドックスだけはブラッドと会うことを拒否し、アンジェリーナと一緒にいた」と伝え、世間に「仲良し大家族は、修復不可能なまでに崩壊した」というイメージを与えた。

 そのマドックスとブラッドが、1カ月ぶりに再会したというニュースが飛び込んできた。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は、アンジェリーナの関係者からの情報として、「19日午後、セラピスト立ち会いのもと、ブラッドとマドックスが面会した」と報道。同サイトは、「もっと早く面会する計画が立てられていた」「しかしセラピストが“まだ会う時期ではない”と判断したため、計画は流れてしまった」とも説明。このセラピストは、DCFSが手配した者か、もしくは10月に入りアンジェリーナが雇ったセラピストである可能性が高い。

 米大手芸能誌「People」は、離婚申請後、アンジェリーナと子どもたちは家にこもりっきりで、「アクティブな生活をしていた子どもたちは、ストレスを抱えている」「下の子どもたちは、なにが起こっているのか理解できずに、混乱している」とのこと。マドックスについては書かれていなかったが、ブラッドから怖い思いをさせられただけでなく、自分のせいで両親が別れることになったと心を痛めている可能性は大。そんな子どもたちと自分のため、アンジェリーナはセラピーを受けることにしたのだと伝えている。

 離婚騒動の一番の被害者だともいわれているマドックスは、ブラッドよりも長くアンジェリーナと生活を共にしており、強い絆があると伝えられている。アンジェリーナは2002年にカンボジアから生後7カ月のマドックスを養子に迎え、直後、2人目の夫ビリー・ボブ・ソーントンと離婚。離婚したのは、プライベートな時間は母親業に専念するためだと伝えられた。「子育てに父親など必要ない」と思っていたアンジェリーナだったが、マドックスがブラッドのことを「パパ(dad)」と呼び、「なんて素晴らしいの」と感動。ブラッドと2人で子育てしていこうと決意したと、07年に米誌「VOGUE」のインタビューで明かしている。

 そのブラッドだが、実は今ネット上では、彼への風当たりが強くなりつつある。というのも、ブラッドとアンジェリーナの元ボディガードが、ブラッドの素顔を暴露したからだ。

 このボディガードはマーク・ビリンガムという男で、イギリス陸軍の特殊空挺部隊SASに27年間所属し、イラク戦争も経験している。アイルランド共和軍のスナイパーを拘束するために自らおとりとなったことが高く評価された、“ミッションに忠実”な硬派な男である。

 退役後、ボディガードの道を選んだマークは、アンジェリーナとブラッドのボディガードを1年半務めた。軍での輝かしい経歴を買われた彼は、セキュリティーを統率する役を任されたとのこと。「自分は2人と最初から信頼関係を持てていた」そうで、子どもたちを連れて外出することが許される唯一のスタッフとして「泳ぎに連れて行ったりもした」「まるで父親代わりだったよ」と懐かしそうに回想している。

 現在、マークはSASのモットー「危険を冒す者が勝利する」というタイトルがついた英リアリティ番組『SAS:Who Dares Wins』に、参加者を鍛えるインストラクターとして出演。そんな硬派な彼が、番組の中で突然、ブラッドを盛大にディスりだしたのだ。番組ではエクアドルのジャングルの中で、出演メンバーの選抜テストを行うことになったのだが、そこでマークは「ブラッドが参加したら、すぐに脱落するだろうな。顔につけるクリームなんてないからな」と、ブラッドがフェイシャルスキンケアを大切にしていることを暴露。「大汗かくし、きっと彼は気持ち悪いからイヤだと感じるだろうよ。奴は、かわい子ちゃんだからな」と、バカにした。

 一方で「アンジーはイケるだろうな。キンタマがついてるのかと思うくらい最後まで勇敢でいられるだろう。彼女だったら、最後まで耐えぬけるだろう」と発言。アンジェリーナの方がよほど男らしい芯の強い人間だと絶賛した。続けて、「シカゴとニューヨークで、アンジーをストーキングする奴がいてね」と語りだし、男性ストーカーの話を紹介。その上で、ボディガードとしてアンジェリーナの身の安全に常に神経を尖らせなければならなかったと明かし、「みんなアンジーのことは大好きだからね。ブラッドは嫌われてるけど」と言い放ったのだ。

 ほかにも「アンジーの誕生日に、みんなで車の中に座っててね。自分はまだ働きだして間もない頃だったんだけど、突然、ブラッドがドアをすべてロックして放屁したんだ。臭くてたまらないけど、みんな外に出られなくて」と、低俗でガキっぽいブラッドの話も暴露。それも今では良い思い出だというふうに語った。

 マークは、2人のほかにもラッセル・クロウ、ショーン・ペン、トム・クルーズら、クセのあるセレブのボデイガードばかり務めてきた。揃いも揃って気難しいセレブばかりだが、彼らから信頼され、仕事を依頼されたのは、マークが忠実で誠実な人柄だからだと推測することができる。

 そんな彼がブラッドをディスったのは、アンジェリーナと、しっかりした関係を築いていたからだろう。2人から絶大なる信頼を得たマークだが、自分の子どもと過ごせないことに悩み、専属ボディガードを辞職。しかし、ユニセフ大使としてイラクを訪問するアンジェリーナにアドバイスをしたり、訪問中はマドックスの面倒を見たりと、その後も良好な関係を続けているそうだ。

 一家と常に行動していたマークだが、アンジェリーナが離婚を申請したことには驚いたとのこと。とはいえ、ブラッドに対して思うところがあり、今回の侮辱につながったのだろう。アンジェリーナとブラッドの親権、養育権をめぐる騒動は、これからヒートアップするものと見られている。マドックスら、子どもたちの心がこれ以上傷つかないことを祈らずにはいられない。