斎藤工、女子大生とのセックススキャンダル認めた! 業界人を感服させた“異例のコメント”

斎藤工、女子大生とのセックススキャンダル認めた! 業界人を感服させた“異例のコメント”
拡大する(全1枚)

 斎藤工と一般人女子大生との“ワンナイトラブ”が、17日発売の「女性セブン」(小学館)に報じられた。斎藤から携帯電話の番号とLINEのIDを渡され、後日、肉体関係を持ったことが赤裸々に明かされているが、このセックススキャンダルに対し、斎藤側が“異例の対応”を行ったと、芸能プロ関係者の間で話題になっているという。

 同誌では、有村架純似という21歳の美人女子大生が、斎藤との関係を告白。都内の某パーティーで斎藤に声をかけられ、連絡先の交換に至ったという。そして2日後には斎藤の自宅に呼ばれ、その場で関係を持ったとか。その日以降は連絡が途絶えがちになり、結局一夜だけの関係に終わったそうだが、「痛くないか、寒くないかと、自分よりも、私の体を第一に考えてくれました」など、記事にはセックス描写もつづられている。

「連続ドラマ主演級俳優のセックススキャンダルだけに、『セブン』側も気合を入れて記事を書いたと思われます。斎藤の軽率な行動に批判が集まると思っていたのでしょうが、ネット上を見ると、女子大生に対して『ペラペラしゃべるのはよくない』といった批判が噴出しており、さらには『嘘くさい』『ガセ記事』といった声もファンから飛び交っています」(芸能ライター)

 即座に炎上へと発展しそうなスクープが、“ガセ扱い”されてしまった理由について、芸能プロ関係者は「斎藤側の異例の対応が功を奏した」と分析する。

「記事の最後で、斎藤の所属事務所は『好意を持っていた女性ではありましたが、すでに終わっております』と、記事の内容をまったく否定せず、それどころか女子大生と肉体関係があったことを、あっさりと認めています。普通“下半身スキャンダル”の取材に対しては、多くの事務所が無視を決め込むか、否定的なコメントを出すもの。ところが、あえて関係を認めることによって、週刊誌側が期待した『一般人をヤリ捨て!』といったネガティブなイメージがつくのを回避できたわけです」

 確かに斎藤側が関係を認めている以上は、不倫でもないことから、批判することは難しいだろう。

「斎藤の所属事務所は、それこそ売れっ子は彼1人ぐらいという小所帯。その稼ぎ頭の下半身スキャンダルを堂々と認め、炎上を防いだのは、なんとも賢明な判断だったといえるでしょう。一度否定したものの嘘がバレてしまい、結果大炎上に発展したベッキーにも、見習ってほしいほどのファインプレーです」(週刊誌記者)

 今後、芸能人のセックススキャンダルは「素直に認める」ことが重要となるのかもしれない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

斎藤工のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「斎藤工」に関する記事

「斎藤工」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斎藤工」の記事

次に読みたい「斎藤工」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク