「ワキの黒ずみは突然できることも」皮膚科医が、肌トラブルを起こさないためのワキ毛処理を解説!

「ワキの黒ずみは突然できることも」皮膚科医が、肌トラブルを起こさないためのワキ毛処理を解説!
拡大する(全1枚)

 冬も終わりに近づくにつれ、気になりだすのがワキの黒ずみ。これからやってくる薄着の季節、不意にワキを見られてしまうことも多いだけに、きちんとケアしたいもの。そこで、「よしき皮膚科クリニック銀座」院長の吉木伸子先生が行う「ワキの黒ずみ対策」の講演を聞きに、デオナチュレの勉強会へ参加した。

■ワキ毛を抜く行為は「皮膚を引きちぎっている」

 「実に2人に1人の女性が悩んでいるというデータもある」というワキの黒ずみ。それは、毛の処理と密接な関係があるという。

 ワキ毛の処理方法は主に2つ。毛抜きや家庭用脱毛器、テープやワックスで毛を根元から抜く“脱毛”と、カミソリやシェーバーで皮膚からのぞいた部分を剃る“剃毛”があるものの、「どちらの方法も、ある程度は肌に負担をかけています」と、吉木先生。中でも脱毛は、肌に与えるダメージが大きいのだとか。

「毛根は神経や血管の通う生きた組織です。“毛を抜く”という行為は、皮膚組織の一部を引きちぎることになるので、毛穴の奥は傷つき、出血もしているんですよ」(吉木先生/以下、同)

 なお、傷が治ると新しい毛が生えてくるが、その毛を抜くと、再び毛根へダメージを与えてしまうことになるそうだ。

 女性は1年を通してワキ毛処理している人も多いため、ダメージと治癒を繰り返すこととなり、「だんだんと皮膚が傷んで、ダメージが蓄積されていきます」とのこと。つまり、10代の頃から毛を抜き続けていると、何十年分ものダメージが蓄積されてしまうということなのだ。

 その結果、皮膚が繊維化して、毛の出口が硬くなったり変形したり、鳥肌のようになったりする「瘢痕化」や、「埋没毛」などのトラブルを起こしやすくなり、さらに、毛穴の中や周辺には雑菌も多いため、傷口から雑菌が侵入すると、ニキビのような発疹ができて化膿する「毛嚢炎」を招くことも。それらの痕が「炎症性色素沈着」を起こし、くすみや黒ずみになるのだという。


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。