三宅健さんは、涙袋がとても大きく、エラや頬骨、顎先の出ていないシャープな輪郭で、女性的な印象が強いですね。目鼻立ちが整っている一方、男らしさに欠けるので、甘えてきそうな雰囲気の“可愛い系イケメン”です。童顔で肌もきれいなので年を重ねても老けにくく、38歳の現在でも25歳くらいに見えますが、頬骨やエラが張っていないし、顎も小さいので、頬がたるむのは早そう。そうなった場合、ずっと弟キャラという立ち位置でいるのは、ツラくなってくるかもしれませんね。

 岡田准一さんは、美容整形に訪れる男性患者が希望する「なりたい顔」で常にベスト3にランクインしているほど、みんながあこがれるパーツがたくさんあります。目はきれいな平行型二重で、蒙古ひだの張りもなく、大きくて目力があります。彫りが深くて目と眉の距離も近く、鼻も、彫りの深い顔立ちにほどよい高さの鼻筋で、鼻先もきれいに下に伸びています。強いて言うなら、ちょっと鼻が長すぎて意地悪そうな印象があるくらい。輪郭も、頬骨やエラがそれほど張っていないので、少し女性的な印象のあるシャープできれいな輪郭をしています。大きな欠点がなく、グループの中で最もイケメンなのはもちろん、2,000人に1人いるかいないかのイケメン度だと思いますよ。男性も女性もあこがれる顔立ちなので、顔で得するタイプでしょう(笑)。

■V6は全体的に見ると「地味」

 岡田さんはかなりハイレベルなイケメン、三宅さんもそこそこイケメンですが、森田さんは怖いし、坂本さん、長野さん、井ノ原さんというメンバーの半数は目が小さいので、グループとしては地味な印象になっています。芸能人は目の大きい人が多いから、目の小さい人は地味な顔立ちに見えて、テレビだと目立たないんですよ。そのせいか、全体的に見ると、あまりパッとしない気がします。引き立て役の井ノ原さんはいいとしても、坂本さんと長野さんをイケメンと入れ替えた方が、グループ全体が華やかになったかな。