田中美佐子の“蕎麦の食べ方”にドン引き!? 「行儀悪い」「女優イメージ崩れた」と呆れた声

田中美佐子の“蕎麦の食べ方”にドン引き!? 「行儀悪い」「女優イメージ崩れた」と呆れた声

 10月19日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に田中美佐子が出演し、日々の「ストレス」を告白。しかし、その内容を受けて「明るくていい女優さんだと思ってたけど、いろいろ無理」とドン引きするネットユーザーが続出した。

 田中は1995年にTake2・深沢邦之結婚し、2002年に女児を出産。しかし、田中はそんな家族との生活に「イライラ」を感じているという。

「田中は麺をすすって食べられないそうで、『家族の麺をすする音』がストレスなんだとか。また、『ご飯におかずを載せる』食べ方も嫌だといい、櫻井翔が『僕はやっちゃいますね。ガーッていきたいから』とコメントした際には、『ガーッていく人がダメなの』と苦言を呈していました」(芸能ライター)

 一方、麺をすすれない田中は、スパゲッティを切って食べるといい、スタジオで蕎麦を出されると、箸でねじ込むように実食。さらに、「インスタントラーメンだけは、ご飯に載せて食べるのが好き」と語り、共演者の中尾彬が顔をしかめる一幕もあった。ネット上には「この人、言ってることがめちゃくちゃ」「食べ方は個人の自由だけど、自分も行儀悪いだろ」など呆れた声が飛び交っていた。

「また、田中は『娘の修学旅行』にもストレスを感じており、4泊5日で自宅を不在にしていただけでも『すっごく寂しかった』と力説。それだけでなく、娘が『(旅行中は携帯を先生に)預けちゃうから見られないよ』と言っていたにもかかわらず、『試しに送った』そう。さらに、彼氏ができたら『全部教えて』と言っていること、帰りの電車が1本遅れるだけで『どこ行っちゃったの?』とパニックになることなどを語り、娘絡みの出来事が『一番ストレス』と漏らしていました」(同)

 これに対し、ネットの反応は「母親がこんなだったら重いし、しんどい」「娘を溺愛してるのはわかるけど、なんか怖くなってチャンネル変えた」「過保護というか、過干渉というか……“毒親”を疑うレベル」と引き気味。ほかにも「昔はキレイな女優さんのイメージだったのに、なんかキャラが崩れた」「バラエティに出ない方がいい」との意見もみられるため、この調子でいくと田中の好感度はどんどん下がりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 田中美佐子 獣になれない私たち
  2. 田中美佐子 舞台
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2017年10月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「田中美佐子 + 舞台」のおすすめ記事

「田中美佐子 + 舞台」のおすすめ記事をもっと見る

「田中美佐子 + 獣になれない私たち」のおすすめ記事

「田中美佐子 + 獣になれない私たち」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。