ジャニーズJr.「Love-tune」、独立説浮上! 事務所との“専属契約拒否”で内乱勃発

ジャニーズJr.「Love-tune」、独立説浮上! 事務所との“専属契約拒否”で内乱勃発

 先日、King & Prince の今春CDデビューが発表されたのに伴い、ジャニーズ事務所内では、これまでになかった“制度”がジャニーズJr.に対して発令されたという。ところが、同じくデビューを期待されていたJr.ユニットのLove‐tuneが、これを拒否したことから、ジャニーズ内部では「独立してしまうのではないか」とささやかれているという。

「キンプリデビューに際して、ジャニーズではこれまで行っていなかった各Jr.との『専属契約』を結ぶことになったんです。これまでも、所属タレントが公に『Jr.時代は契約書の1枚も交わしていなかった』と発言するケースは多々あったものの、今回、これが見直されたわけです。芸能界での“働き方改革”が叫ばれる昨今だけに、時代の流れに沿ったということでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 ところがほとんどのJr.がサインする中、Love‐tuneのメンバーである安井謙太郎真田佑馬森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央は、全員ジャニーズとの契約書にサインすることを拒否したという。

「Love‐tuneはデビュー前ながら、3月には『ジャニーズJr.祭り2018』で横浜アリーナ単独公演を予定しているなど、高い人気を誇るグループ。しかし、全員が20歳前後のキンプリに比べると、最年長の安井は26歳、また真田も25歳で、メンバーの年齢層がやや上なんです。にもかかわらず、デビューで先を越されてしまったとあって、今後の身の振り方を考えるようになっているのかもしれません」(ジャニーズに近い関係者)

 キンプリのデビュー発表時、ファンは当然狂喜していたものだが、Love‐tuneらほかのJr.グループのファンは、「なぜキンプリが先なのか」と大荒れの様子だった。

「そのLove‐tuneが、ジャニーズの新ルールに逆らった。その行き着く先は、当然“独立”または“事務所移籍”と考えられます。グループ名を変えてインディーズデビューするつもりなのかもしれませんが、ジャニーズ内部では『“飯島さんのところ”に行くんじゃないか?』と疑心暗鬼になっているようです」(同)

 “飯島さんのところ”とは、元SMAPの3人が業務提携する、飯島三智氏代表のCULENだ。飯島氏がジャニーズに在籍した時代に、Love‐tuneのメンバーは、中居正広や香取慎吾と共演する機会もあった。

「とはいえ、安井や阿部、森田は今年公開予定の映画に出演しているし、すぐに独立の動きがあるという話ではないはず。ただ、契約書を交わさなかったことで、今後ジャニーズ内部で、彼らの扱い方が変わってくる可能性は否定できません」(同)

 SMAP騒動がようやく決着したものの、新たにジャニーズで発生した“内乱”。今後も事務所内は、不穏な空気に包まれることとなりそうだ。

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2018年3月2日の芸能総合記事
「ジャニーズJr.「Love-tune」、独立説浮上! 事務所との“専属契約拒否”で内乱勃発」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    ドンドン出ちゃえ!ジャニーズ無くなった方が、芸能界の為。

    14
  • 匿名 通報

    祝、内乱勃発!先は見えてるよ~潰れたら、祝杯しようね‼

    5
  • 匿名 通報

    内乱おめでとう。早く出た方が頭が良いということ。ジャニーズは先がないからね。いつまでも悪評の処にいても先がないから無駄になるな。

    5
  • ニャニャー 通報

    なにせジャニーズはヤクザ系(バーニングプロダクション、リベラ、ライジングプロダクション)に付いた裏切り者になったから、こんなヤクザ系芸能事務所は一気に排除!所属タレントは逃げられるしね。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。