はじめまして、宝塚ファンの女医、wojoです。このほど「おたぽる」さんから「サイゾーウーマン」さんに場を移させていただきました。

よろしくお願いいたします。

■wojo(ヲジョ)
都内某病院勤務のアラフォー女医。宝塚ファン歴20年で、これまでに宝塚に注いだ“愛”の総額は1000万円以上。医者としての担当は内科、宝塚の方の担当は月組。

 さて突然ですが、医療業界の近年の流れとして、医者は自分の専門分野の専門医の資格を取ってようやく一人前……という流れがございます。そして私事ですが、わたくしwojo、自分の専門分野の専門医試験に2年連続で撃沈。
毎年落ちていました。おそらく合格率は80%以上の試験で、10人受ければ8~9人は受かるもの。それを律儀に、2年連続で1~2人の不合格者の中に入ってしまったのでした。

 が! 昨年末、3回目にしてめでたく合格しました。いま、ようやく深呼吸して暮らせる日々を過ごせております。落ち続けている2年間は、生きた心地がしない暗黒の毎日でして、「医者やめちまえ!」と言われているような(あ、実際には言われませんでしたけれども……)、あるいは「宝塚ばかり見ているから落ちるんだよ!」と言われているような(あ、これは宝塚ファンの友人から実際に言われました)、まあとにかくもつらい2年間だったわけであります。


 そんなつらい日々のココロの隙間にすっと入ってきたのが、今回ご紹介する「夢人」です。

 「宝塚のモーツアルト」の名曲

 1977年における宝塚のショー『ザ・レビュー』は3部構成で、そのうちの第3部が『ファンタジー-夢人-』というタイトルの、17分にわたるストーリー・バレエでした。そして今回ご紹介するこの「夢人」という曲は、このストーリー・バレエの冒頭でトップスターによって歌われた曲なのです。構成・演出は、もともと画家志望でおられた、現・宝塚歌劇団理事でもある演出家の草野旦氏。この作品で同氏は、文化庁芸術祭優秀賞を受賞しておられます。「夢人」の作詞を手がけたのも、この草野氏、そして作曲は、「宝塚のモーツアルト」こと故・寺田瀧雄氏です。



 夜だから
 夢見ることにあこがれて
 目を閉じれば
 なおさら何も
 みえなくなる
 闇の世界に
 おおわれて
 一人ぼっちになっていく

 とっても寂しげなメロディで、鳥を抱えたトップスター(77年の初演時、雪組公演においては汀夏子さま、花組公演においては安奈淳さま)が歌いながら銀橋(エプロンステージ)を渡っていきます。そして最終部、曲調が変わり……

 夢を作ってみませんか
 花少々と星三つ
 月に輝く粉雪小雪
 それだけあれば十分です
 作った夢は消えません
 作った夢は消えません

 宝塚の「花」「月」「雪」「星」各組の名前が入った歌詞にドキッとします【註:この曲が作られた77年時点では、現在5組目として存在する「宙」組はありませんでした】。宝塚を見ていれば闇には陥らない、宝塚で消えない夢を見続けてみませんか……と耳元でささやかれているような、そんな感じ。ちょっとはかなげな、危なげな感じもございます。wojoは暗黒の2年間、気持ちが落ちるだけ落ちた時には、この曲を聞き、闇の世界から這い上がり、目指すべき夢をつくりあげていかなければと(もちろん宝塚を見てパワーをもらいつつ)、自分自身の気持ちをちょっとでもアゲようとしていました。そんな時「夢人」の寂し気なメロディが、弱った自分を優しく力づけてくれていた、とでも申せましょうか。



 また一方で、そうしたはかなげな曲調ではあるものの、これを歌っているのが、実際には根が体育会系なタカラジェンヌたち……というのもポイントです。とあるスターさんは、1回目の宝塚音楽学校の受験に失敗したその日、東京に戻ったその足でバレエ教室に向かい、次の年の受験に向けてのレッスンを始めたとか。ネバーギブアップ、努力を惜しまない姿勢がすばらしいです。

 一方のwojoが受けたのは、どう見ても宝塚音楽学校よりはるかに倍率が低い専門医試験(宝塚音楽学校の倍率は例年20倍以上、対して専門医試験は約1.3倍)。しかし恥ずかしながらわたくしwojoも、2回目の受験が失敗とわかったその日から、そのスターさんに倣い、翌年の試験に向けての勉強を始めたのです。そして「夢人」を聞くたびに、優しく、そして同時に強くたくましい体育会系の空気に背中を押され、無事合格を勝ち取ったのです。
本当に宝塚ソングって、その背景を思えば思うほど、得るものもまた多い、そのような深い楽曲だらけなのです。

 この「夢人」、約20年の時を経た99年の宙組公演、花組公演の『ザ・レビュー’99』において、「ファンタジー-夢人-」のシーンが再現された際、それぞれ姿月あさとさま、愛華みれさまによって再び歌われます。また、宝塚100周年を記念して製作された『Congratulations!! ‐TAKARAZUKA 100th Anniversary Disc‐』においても、凰稀かなめさまによって収録されております。そしてなんと宝塚外でも、「君は薔薇より美しい」などのヒット曲で知られるあの布施明さまが、78年に発表された名盤『ラブ・ドリームス・アンド・ティアーズ』の中で歌っておられるのです!

 宝塚ソングの中でも独特な個性で際立つ「夢人」。最近はなかなか舞台上で耳にする機会はないのですが、聞く者を癒やしつつも力づけてくれる名曲として、そろそろショーなどで披露していただければと、わたくしwojo、密かに願っている春の日なのです。

<近況>
 私の指導のもと宝塚ファンとして急成長中の女医さんが先日、初めてオーストリアとフランスを旅行したそうです。
行き先は、ウイーンのシェーンブルン宮殿(宝塚的には『エリザベート』や『ベルサイユのばら』)、バートイシュル(『エリザベート』)、フランスのベルサイユ宮殿(『ベルサイユのばら』)、パリのサン・ドニ教会(『1789』)。ちょいちょいマニアックな場所が含まれているのが、さすが宝塚ファンらしいチョイス。

 個人旅行で行ったため手配がそれなりに大変だったそうですが、彼女いわく「宝塚ファンの行きたいところを組み合わせたツアーがあればいいのに……」とのこと。確かに、劇場にチラシを置けばお客さんが殺到するかもですね!

今回の曲:「夢人」(77年初演)
 初期宝塚のエポックメーキング的なレビュー『モン・パリ』上演50周年を記念し、『白井鐵造監修 モン・パリ誕生50年 グランド・カーニバル』として77年に雪組、花組で上演された『ザ・レビュー』の第3部『ファンタジー‐夢人‐』の中で歌われた楽曲。宝塚歌劇団の中でも独創的なショー作家として名をはせる草野旦氏が構成・演出・作詞を担当した。トップスターが鳥を抱えながら銀橋を渡る印象的なシーンで歌われる。99年に宙組、花組で上演された『ザ・レビュー』においても、鳥かごを抱えたトップスターによって歌われた。