嵐・二宮和也、「今までありがとう」発言に尼神インターが震え上がって土下座のワケ

嵐・二宮和也、「今までありがとう」発言に尼神インターが震え上がって土下座のワケ

 嵐の冠番組VS嵐』(フジテレビ系)、7月12日放送回はゲストに17日からスタートするドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(同、午後9時~)から、主演の吉岡里帆をはじめ、井浦新川栄李奈山田裕貴小園凌央遠藤憲一が出演。嵐をサポートするプラスワンゲストには、お笑いコンビ尼神インターの2人が登場した。

 番組冒頭で、吉岡は嵐に聞いてみたいことがあると発言。「先週の回(6月23日放送回)を見ていたら、松本さんが(コンサートの)セリフ担当っていう話があって。みんなはその時しゃがむとおっしゃてて。いろんな譲り合いがあるのかなと思ってて。本当は自分が言いたかったセリフってある?」と嵐に質問した。

 6月21日の放送回では、『ARASHI アラフェスNATIONAL STADIUM2012』のライブDVDに収録された「Love Situation」で、松本がセクシーに「チカヅキタイ」というところを取り上げ、松本が決めセリフ担当と紹介していたのだ。

 この吉岡の質問に対し、櫻井翔は「そりゃ僕だって『チカヅキタイ』を言いたい。これがね、5人で『チカヅキタイ』を言って、結果、松本になった。これならいい。そもそもエントリーされていないからね」と自虐的に発言。また、ほかに決めセリフ系の曲というと、2016年発売のシングル「復活LOVE」の決めセリフ「おかえり」の相葉雅紀だと紹介されると、相葉は「こういうふうに勝ち上がることもあるってことだね」と発言。櫻井は「おめでとう」と相葉を祝福し、会場は笑いに包まれた。

 番組内ではロッククライミングの要領で岩壁を登っていくゲーム・クリフクライムが登場。ゲストチームからは川栄と井浦が、嵐チームからは二宮和也尼神インターの鹿島渚がそれぞれ挑戦した。

 先攻のゲストチームは、なんとクリフクライムをパーフェクトで終了。制限時間も10秒残したため、その結果を受けた二宮は「こっちも15秒!」と残り時間を大量に残すことを宣言。とはいえ、二宮自身は弱気で、比較的簡単な前半の範囲を担当すると回答。スタジオからは「え? 逆じゃなくて?」という疑問の声が上がった。

 これに対し二宮は「でも、こういう仕事してたんでしょ?」と渚に大工経験があることを指摘したが、渚は「元大工ですけど、一応女ですから」と応酬。松本の「交渉してみたら?」の声に渚が「前半行かせてもらえないですか?」と二宮に提案すると、二宮は「別に構わないけど……」と言いつつ、悪者顔で「最後の『VS嵐』になっちゃうよ? 今までどうもありがとう……」とささやいていた。

 この“ブラック二宮”に渚は怯え上がり、結局、前半は二宮、後半が渚という担当に。結果は合計390点で、渚のボタン押し忘れがありパーフェクトならず。これに渚は土下座で謝っていたものの、二宮は「いいよいいよ、大丈夫」と渚をねぎらいつつ、再び“ブラック二宮”顔で「今までどうもありがとう」と小声でささやき、渚を震え上がらせていた。

 ゲームが全て終了し、この日の放送では嵐チームが『健康で文化的な最低限度の生活』チームに勝利。この結果に渚が「安心した。勝ててよかった」「また次回も呼んでいただけますか?」と述べると、勝利したのにもかかわらず二宮はなぜか「今までどうもありがとう……」と三度“ブラック二宮”を降臨させていた。
(福田マリ)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。