「行為」をしなければJr.で終わる――ジャニー氏の「悪魔の囁き」を退けた“私”が思うこと

「行為」をしなければJr.で終わる――ジャニー氏の「悪魔の囁き」を退けた“私”が思うこと
       

 5月に『シンデレラガール』でCDデビューした、ジャニーズ事務所のKing&Princeが好調だ。

「メンバーの顔面偏差値の高さはジャニーズ随一。ジャニー喜多川社長のお気に入りぞろいのグループで、デビューと時を同じくして、日本テレビ系『ZIP!』内に彼らのコーナーがスタート。メンバーの平野紫耀は、3月に主演映画『honey』が公開され、4月クールはドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)への出演もあって、露出を急増させており、注目度も急上昇していましたから、最高のお膳立てが整った中での、最高のデビューとなりましたね」(女性誌記者)

 初週の売り上げ57万枚超えという数字は、この10年でデビューしたジャニーズの新グループと比較しても、ダントツの数字。ジャニーズは楽曲配信を行っていないとはいえ、CD不況の時代にあっては、驚異的な売り上げで、不祥事続きの最近のジャニーズにあって、久々の明るい話題となった。

 だが、これも「ジャニーズ事務所」というテレビ界、芸能界における絶大なる影響力があってのこと。これまでに築き上げてきた歴史の積み重ねのたまものであることは間違いがない。

 その歴史の裏には、これまでに紹介してきたように、ジャニーズの絶対君主たるジャニー氏による、10代の美少年たちの肉体献上という、”悪魔の契約”の数々があったことを忘れてはならない。

 今回は、少年隊植草克秀らと同時期にジャニーズ入りし、Jr.のリーダー格として活動した、平本淳也氏が1996年に上梓した『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)から、その真実に迫ろう。

前回はこちら


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。