田中みな実、「嫌われてるからSNSやらない」と自虐も「客観的な自分アピール?」と皮肉

田中みな実、「嫌われてるからSNSやらない」と自虐も「客観的な自分アピール?」と皮肉

 8月6日に放送されたバラエティ特番『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)に田中みな実が出演。自身がTwitterやインスタグラムなどのSNSアカウントを持たない理由を明かしたが、ネット上からは苦言が寄せられている。

女性に対して物申したいことがある女性芸能人が集い、それぞれエピソードを披露していくというコンセプトの番組。この日も総勢13人集まった女性ゲストたちに抱いている不満をまとめたVTRが放送されたが、番組内で“女性から嫌われやすい女性”として話を振られた田中は、VTRを見て「すごく勉強になりました」と口にした。

「“ぶりっこキャラ”で知名度を上げてきた田中ですが、最近では嫌われていることを逆手に取って作った“病みキャラ”前面に出ている印象があります。この日の放送でも『私SNSやってないんですけど、それはなにやっても叩かれるだろうなって思ってるから』との発言が飛び出しました」(芸能ライター)

 さらに田中は、自身がSNSを開設したところで「幸せアピールしても、寂しいアピールしても、リア充アピールしても、何してもダメじゃないですか」と、どのような投稿をしたとしてもネットユーザーから叩かれてしまうことになる、と持論を展開。「嫌われている人は、何やってもダメなんですよ」と気持ちを吐露したが、これにネット上からは、「嫌われてるのがわかってるなら、嫌われる行動をしなければいいのに」「今度は客観性あるキャラアピールか」「そういうこと言わなきゃいいのに」「『正論』って言われたいの?」といった批判の声が寄せられてしまった。

「この発言に、いとうあさこが『アピールするからダメ。楽しい私、どうぞ見てください! ってアピールする、そこが嫌なんだよね』と、嫌われる女性特有のSNSのあり方を指摘すると、田中は『でもそれがSNSだと思うんですよ。アピールの場じゃないですか。だから私間違ってないんじゃないかな』と反論。持論を譲らない姿勢を見せていました」(前出・同)

 しかし、一方ではオアシズ大久保佳代子がこのやり取りを見て「正論言うところも嫌いだけどね」と田中をバッサリ。田中は口元を押さえて苦笑いを浮かべる一幕もあったが、一応は主張が“正論”であると認められた模様。

 毎年「週刊文春」(文藝春秋)で行われている「嫌いな女子アナランキング」で上位常連となっている田中。“病みキャラ”に転向しても、嫌われキャラのイメージはなかなか抜けないようだ。

(立花はるか)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 田中みな実 ぶりっ子キャラ
  2. 田中みな実 熱愛
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2018年8月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「田中みな実 + ぶりっ子キャラ」のおすすめ記事

「田中みな実 + ぶりっ子キャラ」のおすすめ記事をもっと見る

「田中みな実 + 熱愛」のおすすめ記事

「田中みな実 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤綾子」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤綾子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。