「良い人すぎて大号泣」『この世界の片隅に』8話、不幸が襲った幸子に手を差し伸べたサブキャラに感動の声

「良い人すぎて大号泣」『この世界の片隅に』8話、不幸が襲った幸子に手を差し伸べたサブキャラに感動の声

 9月16日夜9時から最終話が放送される、松本穂香主演の『この世界の片隅に』(TBS系)。初回視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話10.5%、第3話9.0%、第4話9.2%、第5話8.9%、第6話8.5%、第7話9.8%と推移して、第8話10.9%と自己最高タイをマークした。

 アニメ映画がロングランヒットを記録したことも話題となった、こうの史代氏の『この世界の片隅に』(双葉社)。ドラマ版では約3,000人の中からオーディションで選ばれた松本が、主人公の“すず”を演じている。物語は太平洋戦争中に広島県・呉へと嫁いだすずが、夫の北條周作(松坂桃李)、義母・サン(伊藤蘭)、義父・円太郎(田口トモロヲ)、義姉・径子(尾野真千子)らとともに、前を向いて健気に生きる姿が描かれる。

 第8話では、広島に新型爆弾が落とされたという話が広がり、すずは、江波に住む家族を心配する。さらに、隣保館の前では焼けただれた死体が回収されていくのを目撃し、ますます不安になってしまう。広島に向かうハル(竹内都子)に家族の名を記したメモを託し、「家族の安否を確認してきてほしい」と頼みこむのだった。

 そして8月15日、「正午から重大発表があるためラジオの前で待機するように」という通達が北條家に届く。ラジオからは“終戦”を伝える昭和天皇の声が流れ、日本が負けたという事実を知ることに。しかしすずは、「うちはこんなん納得できん、絶対できん!」と声を荒げて悔し涙を流すのだった。

 一方、縁談が進んでいた刈谷幸子(伊藤沙莉)は、広島の兄と連絡が取れず不安に陥ってしまう。すずは「きっと大丈夫」と励ますものの、のちに幸子の母・タキ(木野花)から、隣保館前で発見された死体が幸子の兄だったことを伝えられる。

「第8話は刈谷家にとって、身元の判別もつかない死体が肉親だったという辛すぎる展開に。しかしここで男気を見せたのが、周作の同僚で幸子の婚約者・成瀬(篠原篤)でした。成瀬は幸子の嫁入りを取り消し、『わしがこちらにきます。息子になります』と“婿入り宣言”。この展開に視聴者からは、『成瀬さんが良い人すぎて大号泣』『幸子ちゃん、つらいだろうけど成瀬さんと巡り会えたことは本当によかった!』『成瀬役の篠原さん、素晴らしい演技!』と絶賛されています」(芸能ライター)

 最終話では、空襲の心配はなくなったものの、物資不足に悩まされるすずたちの生活が描かれる。北條家では円太郎の再就職が決まり、径子も働きに出るように。しかし、終戦直後に招集された周作がいまだに帰ってきておらず、すずは、周作の無事を願いながら前向きに日々を過ごそうとしていた。そんな秋のある日、実家の様子がわからず気を揉んでいたすずは、意を決して広島へと向かうことを決意。

「最終話の予告では、原作で名場面として有名な『ありがとう、うちを見つけてくれて』とすずが周作に伝えるカットも含まれていました。ついに迎える物語のクライマックスに、ネット上では『つらい展開が多かったけど、あと1回で終わりだなんて寂しい』『早くもすずさんロスになりそう』といった声が続出しています」(同)

 第8話では、辛い展開が視聴者の涙を誘った同ドラマ。激動の時代を生きたすずたちの姿を、最後まで見届けよう。

あわせて読みたい

記事提供社から

「「良い人すぎて大号泣」『この世界の片隅に』8話、不幸が襲った幸子に手を差し伸べたサブキャラに感動の声」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    私のイメージの戦争の間の人とは違ってたけど、反対に、戦争に対して初めて興味を持ちました。広島の言葉が好きです

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。