万引きGメンに捕まって“失禁”――店長も呆れ果てた「タワマン専業主婦」が盗んだモノ

万引きGメンに捕まって“失禁”――店長も呆れ果てた「タワマン専業主婦」が盗んだモノ


 みなさん、こんにちは。保安員の澄江です。大阪の富田林署から逃走した樋田容疑者、ようやくに身柄確保されてよかったですね。最後は山口県にある道の駅で万引きをした結果、女性保安員のタッグチームに捕まったと聞いて、あらためて万引きの現場におけるリスクを再認識させられましたよ。

 犯行に及ぶ被疑者の動画を見れば、私たちが反応してしまう要素に溢れており、目に入れば誰もが警戒するレベルにありました。犯行の現認はたやすいでしょうが、比較的強面の被疑者に声をかける勇気が出るかの勝負といった感じがします。道の駅での勤務は、保安員にとって決して楽なものではないので、樋田容疑者を捕捉できた喜びは大きいことでしょう。

 ただ、民間の建設会社や大阪府警OBによる懸賞金は、「万引き犯を捕まえた」という内容の通報では、被疑者の逮捕につながる情報提供とはいえないために、その支払いを留保されていると聞きました。指名手配者などの大物を業務中に捕まえても、警察から感謝状などが発行されることはないので、個人的には頷ける思いがいたします。それでも逮捕者にとっては、一生忘れられない事案になったと思われ、お二人の女性保安員が、この仕事の価値を世間様に再認識させてくれたことを、同業者の1人として感謝していることをお伝えしたい気持ちで一杯です。

 その一方、つい先日に66回目の誕生日を迎えた私の捕捉率は、雨の日による客足の悪さに比例して悪化しています。万引きは、一般客に混じって行われる犯罪のため、お客さんが少ない雨の日は、万引きする人も少ないのです。先月は、その影響なのか5日連続で成果があがらなかったこともあり、自分の存在意義を否定されているような思いで過ごしました。何もないことが一番だと、お店の人たちは言ってくれますが、実績がなければ信用されません。この仕事を長いことやっていると、ついつい油断してしまう部分もあり、スランプに陥ることもあるのです。もちろん、まったくやられないというわけではなく、人影のない店内で万引きを繰り返す人も存在します。

...続きを読む

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2018年10月13日の芸能総合記事
「万引きGメンに捕まって“失禁”――店長も呆れ果てた「タワマン専業主婦」が盗んだモノ」の みんなの反応 1
  • 匿名 通報

    記事を簡潔に書けない記者 こんな、仕事しかないんだろう

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。