「多くの男性はまともなセックスを知らない」精神科医が語る、性教育の限界と必要性

「多くの男性はまともなセックスを知らない」精神科医が語る、性教育の限界と必要性

 日本性科学会理事長で産婦人科医の大川玲子先生に、女性の性機能不全に対する治療としてのセックス・セラピーの必要性を、女性の性と権利に詳しい婦人科医の早乙女智子先生に、女性の人権を取り巻く現状について伺ってきた。

 では、男性の性にはどのような問題があるのか? 今回は、性別違和についてカウンセリングやケアを行い、性犯罪者処遇プログラムの専門家でもある、精神科医の針間克己先生に、性暴力の根本に横たわるセックスの認識のズレや、日本の性教育が抱える矛盾について、お話を伺った。

■多くの男性は、まともなセックスを知らない

――精神科医からみて、男性が抱える性の問題は何がありますか?

針間克己先生(以下、針間) まず、性の問題を解決する方法はあるのに、それを見つけられない人が多い。性で悩んでいる人がインターネットで検索して調べようとすると、コンプレックスに付け込んでものを売りつけようとするような怪しいサイトや情報しか出てこないのが現状です。そして、医療機関や相談機関は、男性からするとプライドが損なわれるため行きづらい。男性はまだまだ、そういった相談に行くのを嫌がる傾向があります。しかし、恥ずかしさやプライドといった表面的なハードルを取り払わないと、解決まで進みません。プライドを捨てて一歩踏み出したほうがよいでしょう。性機能の診察において男性は泌尿器科、女性は産婦人科が対象となりますが、心理的要因が強い場合には、精神科でみることもあります。

――痴漢やレイプといった性犯罪など、男性の性に起因する問題が減少しないのはなぜでしょうか?

針間 そもそも多くの男性が、まともなセックスを知らないからです。最近の若い男性の多くはAVを見て育つので、AVの中で暴力的なものもスタンダードだと思ってしまっています。自分が挿れたいときにいつでも挿れられるわけではなく、ちゃんと合意を得て挿れられる状態にしてからでないと、男性は行為をしてはいけないんです。夫婦間できちんとセックスの合意が得られていない場合、それが性暴力になることも知らない男性がほとんど。年齢を重ねた夫婦間では、妻が濡れなくなっているのに夫が強引に求めてくるのが原因で、セックスレスになってしまうこともあります。

――そうした男性の認識は、いつになったら正されるのでしょうか?

針間 スウェーデンでは今年、合意を得ないセックスはレイプとする法律ができましたが、日本とは大きな差があります。それでも日本も少しは変わってきている。たとえば20年前、30年前、痴漢はほぼ放置されていました。職場などの飲み会で、女子社員を勝手に触ってもとがめられない時代がありました。女性がはっきり「NO」と言ってないからいいだろうという態度だった。しかし、現在では社会的に「痴漢は犯罪」という認識になりましたし、女子社員を触るのはセクハラとして注意されるようになった。女性の人権を尊重する時代がやっと来たともいえます。

――となると、セックスに合意が必要という意識が根付くまで、あと数十年は必要と考えられます。

針間 性暴力に関しては、最近だいぶ変わってきました。20年前は、携帯の出会い系サイトを通じて被害に遭った女の子がいると、女の子に携帯の使い方を教えなくてはいけないと新聞に書いてありましたが、今は被害者になりうる側に予防法を教えるだけではなく、性暴力を振るう加害者を作ってはいけないという認識も広がってきました。世の中は、徐々に変わってきてはいると思います。ただ、数年前にはやった「壁ドン」は暴力です。女性の逃げ場をなくして追い詰めている。少女漫画のファンタジーの世界の中でならともかく、現実の世界でやったら、ただの暴力にしかならない。でも、そのことに触れたマスコミは、なかったように思います。

...続きを読む

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2018年12月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。