剛力彩芽、仕事激減で“ジリ貧”の今だからこそ――ZOZO前澤友作氏にねだるべきもの

剛力彩芽、仕事激減で“ジリ貧”の今だからこそ――ZOZO前澤友作氏にねだるべきもの

 羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「30歳までには、代表作と言われるものを作りたい」剛力彩芽
バイキング』(フジテレビ系、3月11日)

 女優・剛力彩芽がイブ・サンローランのイベントに登場し、株式会社ZOZO代表取締役・前澤友作氏との交際発覚後、初めて報道陣の取材に答えた。

 前澤氏と言えば、総資産3000億円ともいわれる資産家。女優と資産家という組み合わせは王道だが、「剛力はカネに目がくらんだ」と一部から反感を買ってしまう。その炎上に油を注いだのは、二人のSNSだった。剛力は昨年のワールドカップ2018ロシア大会決勝戦をモスクワで観戦し、「凄いところにいる、夢みたい。感謝」とインスタグラムに投稿。前澤氏のプライベートジェット(50億円の代物だと前澤氏がTwitterで説明)でロシアに飛び、飲食代金を含めて一人220万円のチケットを買って観戦したそうだ。

 「凄いところにいる、夢みたい」という投稿は、ワールドカップというお祭りに参加して、高揚していると見ることもできるが、「カネの力で、夢のようなすごいところに行った」と解釈できなくもない。こうした剛力を、『とくダネ!』(フジテレビ系)司会の小倉智昭は「どうして、これを大っぴらにしたいのかな」、明石家さんまは『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、「自家用ジェットに乗ったら、オンナ、落ちるで」とあてこすった。

 それ以来、炎上と言わないまでも、剛力がインスタを更新するたびにネットニュースになった。事務所から叱られたのか、剛力はそれまでの投稿を一旦削除したが、新しい投稿も以前と大して変わりがなく、私は逆に笑ってしまった。反省したふりをして、さらに大衆の興味を引き付け、ツッコませているのだとしたら、それはオオモノの証しである。

 それよりも、私が気になったのは、前澤氏の言動である。元芸能人(Switch Styleというバンドのドラマー)の血が騒ぐのか、前澤氏は大衆に愛されたいという願いが再燃してきたのかもしれない。昨年8月には、Twitter上で「前澤友作を応援したいか?」とアンケートを募り、10月になるとフォロワー100万人を目指しているものの、なかなかフォロワーが増えないことに対し、「みんな助けて」と呼びかけている。今年の正月には、前澤氏をフォローすること、リツイートすることを条件に、前澤氏のポケットマネーから、100万円を100人にプレゼントすると発表した。お年玉ほしさにフォロワーは激増し、一時は600万人に達したが、プレゼント企画が終わるとフォローを外された。しかし、現在でも460万あまりのフォロワーがいるわけなので、昨年の「フォロワー100万人」という目標は軽く達成したことになる。目的は必ず達成する人と見ることもできるが、「経営の手腕は優れていても、おとなげない」と思った人もいるだろう。

 そんな前澤氏は2月、本業であるZOZOが上場以来初の減益となったことで、Twitterの休止を宣言した。一方の剛力は、CMの契約は更新されず、ドラマにも出ていない。パーソナリティーを務める『剛力彩芽 スマイル S2 スマイル』(ニッポン放送)が3月いっぱいで終了するという。前澤氏との恋愛が取りざたされる中の終了は、偶然なのか、それとも意図的に外されたのかは不明だが、剛力の仕事がジリ貧化していることは間違いないだろう。

 そんな状況に危機感を持っているのかもしれない。剛力は『バイキング』(フジテレビ系)で、「英語を勉強したい」「和物が好きなので、お茶やお花を勉強したい」と新しい“剛力像”を探っているとも取れる発言をしていた。「映画はより強くチャレンジしていきたい」「30歳までには、代表作と言われるものを作りたい」という発言からは、女優を引退する意志がないことがわかる。

 しかし剛力よ、キミはすでに前澤友作という代表作を持っているではないか。

 吉永小百合のような昭和の清純派女優にとって、恋愛はご法度である。しかし、今の女優は恋愛が代表作になる時代ではないだろうか。例えば、米倉涼子。ドラマの視聴率が良くない時代に、高視聴率が見込める女優の一人であり、彼女の出世作といえば、松本清張原作の悪女もの『黒革の手帖』(テレビ朝日系)を連想する人は多いだろう。知名度のない女優が、主役を張ることは稀である。それでは、米倉の知名度を上げたものは何かと言えば、恋愛ではないだろうか。米倉はNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で市川海老蔵(当時、新之助)と共演し、まもなく熱愛が発覚した。

 今でこそ、歌舞伎界きっての大名跡・市川團十郎をまもなく襲名するため、ストイックに芝居と子育てに打ち込む海老蔵だが、当時は「お育ちはいいが、素行の悪いおぼっちゃん」というイメージだった。結婚はしていないものの、女性との間に子どもをもうけ、米倉と交際している最中も、ほかの女性とのうわさが持ち上がっていた。恋愛と結婚は違うというのが、梨園の掟だそうだが、交際が深くなるにつれて、米倉に梨園妻が務まるのかも話題になった。

 毎週のように週刊誌に掲載されることで、米倉の知名度は上がっていく。プレイボーイ海老蔵が長く交際するのは、それだけ米倉が魅力的だということ。海老蔵との恋愛は、米倉にとって最高のプロモーションだったのではないだろうか。米倉は、海老蔵からイメージアップのチャンスを与えられ、それを成し得たと私は見ている。

 剛力と前澤氏の場合はどうだろうか。二人の本意は別として、結果的にSNSの投稿で反感を買ってしまった。二人して本業もかんばしくない。しかし、これは「いいこと」ではないだろうか。剛力と前澤氏を「調子に乗っている」と見る人からすれば、二人の停滞は、「バチがあたった」と思えるので、溜飲が下がるだろう。セレブ自慢をしたら、仕事がなくなったというのは、子どもの頃に読んだ教訓めいた童話のようだ。

 だからこそ、今、剛力は逆にチャンスだと見ることができるのではないだろうか。剛力が映画に興味があるのなら、出るべきだ。前澤氏が映画のスポンサーなら、そのポジションはたやすく手に入るようにも思う。

 しかし、前澤氏はスポンサーになったとしても、その事実を公表してはならない。映画はとんでもなくカネがかかると言われるが、その額をTwitterにも書かず、世間にも公表せず、剛力のために使うのだ。

 結婚を「男の誠意」と解釈することがあるが、相手にカネを使うことも誠意を表す一つの方法である。ニュー剛力を生み出すために、先に仕事をねだれ。その回答にこそ、前澤氏の誠意が含まれているのではないだろうか。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。

あわせて読みたい

剛力彩芽のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「剛力彩芽 + 前澤友作」のおすすめ記事

「剛力彩芽 + 前澤友作」のおすすめ記事をもっと見る

「剛力彩芽 + Instagram」のおすすめ記事

「剛力彩芽 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュース

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 剛力彩芽 CM
  2. 剛力彩芽 Instagram
  3. 剛力彩芽 instagram

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。