ジャニーズWEST・小瀧望、「後輩やったらボッコボコやで?」と説教した先輩メンバーとは?

ジャニーズWEST・小瀧望、「後輩やったらボッコボコやで?」と説教した先輩メンバーとは?

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。3月30日深夜の放送では、これまで放送された中から名シーンをクイズで出題し、メンバーの正解率で絆の深さを確かめるという特別企画「エージェント“絆”チェック!」が行われた。

 今回は神山智洋が司会を務め、桐山照史藤井流星チーム、重岡大毅中間淳太チーム、濱田崇裕小瀧望チームに分かれての対抗戦。このクイズに「これはイージーですよ」「楽勝やな!」と自信満々のメンバーだったが、彼らの絆は証明されるのか……?

 自身のコーナーから問題が出される場合、本人は回答権を放棄することとなる。重岡コーナーから問題が出題されると、「頼むな!」と回答を中間に託す重岡だったが、即座に「いや、オレお前のこと一番嫌いやもん」と拒絶。「おい~!」とツッコミを入れ中間を叩いた重岡に、メンバーは大爆笑していた。もちろんこれは本気ではなく、“しげじゅん”コンビのお約束ともいえるやりとりだ。

 問題は、重岡がゴルフとサッカーを融合させた新競技“フットゴルフ”に挑戦した放送回から出題。「重岡を指導した元サッカー日本代表・本並健治氏が起こしたとんでもない奇跡とは?」というもので、まず自信満々に解答したのは濱田。「俺、覚えてる」と正解を確信していたようだが、「ボールが池に落ちた」と答え不正解。「ボールが池に落ちたが、跳ねてグリーンオンした」が正解で、実は濱田以外、全員が正解をわかっていたようだ。

 これにはコンビを組んでいた小瀧が思わず濱田の頭を叩き、眉間にシワを寄せながら小声でマジ説教。さらに、「後輩やったら、ボッコボコにしてたで?」と怒りをあらわにし、濱田の大失態を責めたのだった。メンバーの“絆”を証明するための企画のはずが、重岡&中間コンビといい、イマイチ仲の良さを見せられていない状態が続くことに。

 しかし、中間のコーナー「運動音痴克服メソッド」を実際にスタジオで検証する場面で、メンバー大盛り上がりの展開が。中間が過去に行った「走り高跳び」に再挑戦したのだが、なんと軽々成功! メンバーからは「うわ~!」「すげ~!」と歓喜の声が上がり、重岡は中間に大きな拍手を贈っていた。そんな重岡&中間チームがもっともポイントを稼ぎ、見事優勝という展開を迎えたのだった。

 視聴者からは特に、重岡&中間の“しげじゅん”コンビについて感想が多く寄せられ、「やっぱしげじゅんの絆は強い~!」「いやもう、本当しげじゅんが好き……! ツンデレ最高!」「一番絆が強いのは重岡&中間チームに決定!」と大興奮で、ファン大満足の放送となった。
(アズマミサト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年4月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「KinKi Kids」のニュース

次に読みたい関連記事「KinKi Kids」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「King&Prince」のニュース

次に読みたい関連記事「King&Prince」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。