私の妹は“子宮系女子”でした――「子宮委員長はる」との出会いから「家庭崩壊」までの記録【前編】

私の妹は“子宮系女子”でした――「子宮委員長はる」との出会いから「家庭崩壊」までの記録【前編】

 誰にでも、心が弱ってしまう時はあります。救いを求める先が、信頼できる家族や友人ではないこともあるでしょう。「こうすれば幸せになる」と語りかける心理カウンセラー、スピリチュアリスト、霊能力者。彼らを見ていると、「私を救ってくれそう」「この人たちのようになれるかも」と、次第にそんな気持ちが膨らみ……ちょっと待って! それ、本当に信じて大丈夫? スピリチュアルウォッチャー・黒猫ドラネコが、無責任なことばかり言っている“教祖様”を、鋭い爪でひっかきます。

 子宮の声に従って生きる――そんな触れ込みで、ここ3年ほどスピリチュアル系自己啓発界隈を席巻した「子宮委員長はる」をご存じですか。彼女は風俗嬢の過去を公言し、子宮筋腫、子宮頸がん、摂食障害などは「性エネルギーの循環(マスターベーションとセックス)で完治した」と豪語。不倫を“推奨”し、婦人科専門の霊能者として、「あなたの女性器の性質&気質」「あなたの女性器の可能性」などが書かれた“御まん託鑑定書”を高額で販売しました。現在では、「八木さや」と名前を変え、化粧品プロデュースなどの活動にシフトしています。

 「抑圧感情が溜まると子宮筋腫になる」「旦那さんの出世や昇給は子宮(女性器)の力」という“子宮メソッド”や、「股が冷えて固かったら、良質なお金は稼げないよ。諭吉って男なんだよ」などのブログの文言に影響され、子宮委員長はるを崇拝する女性は次第に増え、いつしか「子宮系女子」と呼ばれるように。彼女たちが膣にパワーストーン・ジェムリンガを挿入すると「体調がよくなる」「人間関係が良好になる」という教えをもてはやしたことで、子宮系女子のカルトぶりは世に知れ渡ることとなりました。

 さて、近年に誕生したスピリチュアル代表とも言える「子宮系」。この思想に染まった女性がどうなってしまうのか、実は私は間近で目撃しました。なぜならば、私の妹が“信者”だったからです。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年5月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。