放送禁止用語やキスも! セリーヌ・ディオンが「カープール・カラオケ」ではっちゃけ、好感度が爆上がり

放送禁止用語やキスも! セリーヌ・ディオンが「カープール・カラオケ」ではっちゃけ、好感度が爆上がり

 長年闘病生活を送っていた26歳年上の夫レネ・アンジェリルを3年前に亡くした、カナダ人歌手のセリーヌ・ディオン。12歳でマネジャーとして出会ってからというもの、公私共に支え続けてくれたレネの死に、セリーヌは気の毒なほど憔悴しきっていたが、3人の子どもたちの支えもあり、徐々に笑顔を見せるように。17年夏には、ファッション誌「VOGUE」の公式インスタグラムに全裸で登場。昨年、人気スタイリスト、ロウ・ローチを採用してからは、セクシーでカラフルな服を着るようになり、「熟女ファッショニスタ」とあがめられ、新生セリーヌだとファンを喜ばせた。

 しかし今年に入ると、胸元が大きく開いた服で外出するようになり、浮き出た肋骨に世間はビックリ。「悪い病気なんじゃないか」と心配させている。

 そんなセリーヌが、人気深夜トーク番組『ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン』の名物企画「カープール・カラオケ」に出演。世界的な歌姫なのに、気取ることなくはっちゃけた。

 番組司会者ジェームズ・コーデンが運転する車にセレブが乗り、ラジオから流れる曲に合わせてカラオケを楽しむ「カープール・カラオケ」。今回は、セリーヌが長年定期公演をしている街・ラスベガスが舞台となった。

 ジェームズから「ラスベガスの生活は気に入ってる?」と聞かれたセリーヌは「心から」と言いたげに、ポーカーフェイスのまま大ヒット曲「My Heart Will Go On」の一小節をアカペラ。「なるほど、だから我々は今ここにいるんですね」と返されると、「そうよ」という回答に代えて「Look at us now~」とアカペラ。「今回の(撮影は)エキサイトしていますか?」という問いには、「I’m so excited~」と手を叩いて派手な身ぶりで歌いだし、ジェームズは何を聞いても歌いだすセリーヌに「オー・マイ・ゴッド」と笑っていた。

 気を取り直して「どの瞬間においてもぴったりな曲を知ってるんですねぇ」と話を振るジェームズだが、セリーヌの歌での回答は止まらず。さすがにこれに合った曲はないだろうと、ジェームズが「うちのトイレのパイプが壊れちゃって」とつぶやくと、セリーヌは一瞬間を置いてからリアーナの「Work」のサビを歌い出し(work=早く直さなきゃ)、ジェームズはそうきたかと大爆笑した。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。