関ジャニ∞、『クロニクル』に「ふざけすぎ」「何がしたい?」とツッコミ相次いだワケ

関ジャニ∞、『クロニクル』に「ふざけすぎ」「何がしたい?」とツッコミ相次いだワケ

 6月8日放送の『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)にて、大倉忠義が“ホテル王一族”の御曹司に扮した新企画「密着!日本の御曹司」がスタートした。

 創業120年、小さな旅館から始まったビジネスは、今や世界23カ国に122の高級ホテルを持つほどに成長した……という設定で、御曹司の「大倉タダヨシスキー」に扮した大倉は、真っ白なタキシードに身を包み、高級車で登場。タダヨシスキーの趣味は、庶民店で食事をすること。今回はホルモンを食べに、新大久保にあるホルモン店「ホールちゃん」に向かったのだが、車内でタダヨシスキーは「ホルモン? 聞いたことないぞ。おいしかったらチェーンごと買っちゃおうか」とつぶやき、笑いを誘う。

 ホルモン店に到着すると、大倉家に代々伝わる「服が少しでも汚れたら速やかに帰宅」という家訓が言い渡される。タダヨシスキーが着ている白いタキシードに少しでも汚れがついたら、たとえ食事中だとしても、その時点で即帰宅させられてしまうのだ。

 タダヨシスキーが席に着くと、高級ごま油で漬け込んだ「マルチョウ」が登場。熱々の鉄板に乗せられ、ジュージューと焼かれている中、執事役の野間口徹がタダヨシスキーの着る白タキシードを念入りにチェック。最初は飛び跳ねなどなかったものの、いつのまにかタダヨシスキーの左太ももに、タレが飛び跳ねたと思われる茶色い汚れを発見。「いつ!?」「待って待って!」と困惑するタダヨシスキーだったが、結局、一口もホルモンを食べることなく店を出たのだった。

 2人はもう一度同じ店に来店し、今度はハンカチで汚れを回避する作戦に出る。しかし、野間口が取り出したハンカチは、広げても手の平に乗せられるほどの小ささで、タダヨシスキーは苦笑い。結局、秘伝のタレをかけた際にタキシードが汚れてしまい、「これは無理! これは無理だ!」と悲鳴を上げるタダヨシスキーであった。

 大倉といえば、関東・関西を中心にチェーン展開する焼き鳥屋「鳥貴族」経営者の父を持つ“リアル御曹司”として知られているため、「チェーンごと買っちゃおうか」という発言には、視聴者から「これはちゃんとギャグになるのか!?」「某焼き鳥チェーン店の息子が言うとリアルすぎる」「スタッフも大倉くんも、ちょっとふざけすぎ(笑)」というツッコミが飛んでいた。

 一方、新企画ということで、ファンからは賛否両論の声が。「大倉タダヨシスキーさんと執事の野間口さんコンビ、最高でした!」「これが『クロニクル』の“真骨頂”って感じで好き」と称賛があるものの、「『クロニクル』が本当につまらない。何がしたいんだか……」「なんかスタッフだけ楽しんでる感じだね、わけわかんなかった」など、否定的な意見も見受けられた。今後もこのコーナーは続くのだろうか……?

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年6月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「村上信五」のニュース

次に読みたい関連記事「村上信五」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「錦戸亮」のニュース

次に読みたい関連記事「錦戸亮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「丸山隆平」のニュース

次に読みたい関連記事「丸山隆平」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。