関ジャニ∞・安田章大、「断念させて」と『関ジャム』収録中に実演拒否!? ファン衝撃のワケ

関ジャニ∞・安田章大、「断念させて」と『関ジャム』収録中に実演拒否!? ファン衝撃のワケ

 関ジャニ∞がさまざまなアーティストを迎えてトークを繰り広げる音楽バラエティ『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。6月9日の放送では、ギタリストの布袋寅泰がゲスト登場し、「絶対マネできないスゴ技」を紹介。布袋のライブでギターを披露する側近ギタリストの黒田晃年と、“サムライギタリスト”として世界でも活躍中のMIYAVIも出演した。

 世界の有名アーティストのライブなどにも参加しており、日本を代表するギタリストとして、プロでも憧れるギターテクニックを持つ布袋。そこで今回、番組では本人の解説に加え、生実演とスーパースロー分析で、布袋のギターパフォーマンスを徹底検証していった。

 布袋が得意とするギター奏法といえば、腕をぐるぐると回して弾く“ウインドミル奏法”。プロのギタリストたちからも「ケガしそう」「マネできない」という声が寄せられており、関ジャニ∞でギターを担当する錦戸亮と安田章大も「危なそうですよね」「あれ当たりますよね」とコメント。挑戦するだけでも勇気がいるパフォーマンスのようだ。

 しかし、布袋いわく「実はね、ちょっと秘密があるんですよ。これを知ればみなさんでもできる」とのこと。そこで大倉忠義は、「やってよ、ヤス」と安田に無茶ぶりするも、「いや、できるかい! (指が)パックリいくよ」と即座に拒否。実はピックで弦を弾いているのではなく、“中指と薬指”を使って弦を弾いていると布袋が解説し、コツを覚えれば簡単に弾けると豪語。そのアドバイスを参考に、布袋のギターを借りてトークゲストのアンタッチャブル・山崎弘也が挑戦してみたのだが、確かにそれらしい雰囲気は出ており、布袋もご満悦。

 その流れで「やってみる?」と布袋に指名されて、ウインドミル奏法に挑戦することになった安田。村上信五から「うわ~! お前よかったなあ!」と声をかけられ、うれしそうに布袋のギターのストラップを肩にかけながら「こんな下(の位置)で弾いてるんですか!?」と素直に驚く安田だったが、このあとアクシデントが発生。

 なんと、布袋と安田の身長差がありすぎて、安田の右手がギターの弦に届かないという、衝撃の展開が起こったのだ。「届いてないやないかい!」(大倉)「ほんまや! 届かんな!」(村上)とメンバーも思わずツッコミを入れ、スタジオは大爆笑に包まれていたが、安田は「えっ!? ギターを弾こうと思って背負わせていただいたんですけど、(手を)回しても届かないです……ちょっと、断念させていただいてもよろしいですか?」「そんなことありますか?」と、しょんぼりしながら自分の席に戻っていったのであった。

 これにはファンから「まさかの届かない事故! かわいいけどかわいそう(笑)」「手が届かない安田さん……これはショックだ~」「布袋さんとの身長差がこんなところで仇になるとは!」との声が続出し、思わぬハプニングに驚きと笑いが起こっていた。
(華山いの)

あわせて読みたい

気になるキーワード

安田章大のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年6月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「錦戸亮」のニュース

次に読みたい関連記事「錦戸亮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大倉忠義」のニュース

次に読みたい関連記事「大倉忠義」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村上信五」のニュース

次に読みたい関連記事「村上信五」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。