ジャニーズ、不正転売禁止法でも「規制できない」――Jr.公演チケット高騰でファン絶望

ジャニーズ、不正転売禁止法でも「規制できない」――Jr.公演チケット高騰でファン絶望

 6月14日から、コンサートやスポーツイベントの入場券を対象とした「チケット不正転売禁止法」が施行された。これは高額転売や買い占めを防ぐ狙いで、各都道府県の迷惑防止条例で取り締まられている会場での「ダフ屋行為」に加え、ネット上の売買も規制の対象だ。来年には競技観戦にチケットが必要な東京五輪・パラリンピックが控えているだけに、世間の関心も高まっているが、ジャニーズアーティストのコンサートに関しては、6月中旬の時点でも売買サイトに多数のチケットが出品されている状況だ。

 チケット不正転売禁止法は五輪チケットの不正対策を視野に入れ、昨年12月に議員立法で成立。販売時に「不正転売禁止」と明記されたチケットについて、営利目的での転売などを罰則付きで禁止する目的だ。文化庁のHPによると、対象となるチケットは「興行が行われる特定の日時及び場所並びに入場資格者(興行主等が当該興行を行う場所に入場することができることとした者をいう。以下同じ。)又は座席が指定されたもの」であり、規定に違反する者への罰則として「1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し,又はこれを併科すること」と、記載されている。

 一方、産経新聞のニュースサイト・産経WESTの記事(12日配信)では、「法施行後も、転売は完全に根絶されるわけではない」として、同法で規制の対象にあたるものは「特定興業入場券を正規の販売価格より高い値段で『業として』転売する行為。個人がチケットの二次流通サイトやネットオークションで転売する行為は、法規制の対象にはならない」と、問題点を指摘している。また、ニュースサイト・ITmediaは、法律上の「業として」は、反復継続して行う行為を意味すると説明した上で「業者だけでなく個人であっても、反復継続の意思があり、定価を超える価格で転売していると、罰則の対象になり得る」(14日配信)と注意を喚起。ただ、SNSを通じたやりとりが法の抜け道になる可能性もあり、いわゆる“転売ヤー”(転売屋)がすべて消え去ることはなさそうだ。

「『プラチナチケット』といわれるをはじめ、かねてよりジャニーズの公演においては、定価を超える値段での転売が横行しています。ファンクラブといった正規ルートでの購入を支持する人たちは、転売ヤーだけでなく、“お金儲け”などを理由に良席を高く売ろうとする悪質なファンを敵視。売買サイトの情報をジャニーズコンサート事務局に提供し、地道に“通報”してきました。こうした熱心なジャニーズファンはチケット不正転売禁止法の適用に期待しているものの、売買サイトのサービスは個人間で取り引きする場に過ぎないというスタンス。なので現在も、デビュー組、ジャニーズJr.のイベント・コンサートチケットが大量に出品されています」(ジャニーズに詳しい記者)

 例えばKis-My-Ft2は『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!』を開催中だが、大手サイトのチケット流通センターを見ると、福岡 ヤフオク!ドーム公演(6月22日・23日)はファンクラブのチケット料金が7,500円(税込)のところ、13万円にまで跳ね上がっている。中には定価以下のものも見受けられるが、すでに「取引中」だ。また、嵐はイベント『嵐のワクワク学校2019~時空をJUMP!すべてが愛おしくなる修学旅行~』の開催を控えており、京セラドーム大阪(6月22日・23日)と東京ドーム(同29日・30日)でのチケットはファンクラブで7,500円(税込)に対し、東京公演が安くて3万円、高価なもので6万円の値段がついていた。

「単独公演を夏に開催する、ジャニーズJr.内ユニット・Snow ManTravis Japanのチケットも売買サイトで5~8万円がザラにあり、高くて10万円。ファンクラブで7,500円(税込)のチケットで、2組ともサイト上最安値の2万円台は、ほとんどが『取引中』になっている状態です。また、Jr.の若手ユニットが出演する『パパママ一番 裸の少年 夏祭り! オープンライブ』(六本木ヒルズアリーナ)のチケットは、1,000円(税込)の定価が1~12万円にまで高騰。こちらは一般発売のみで、ファンクラブのチケットとは異なり、入場者が指定されていないものだそう。そのため、チケット不正転売禁止法に触れないものとみられています」(同)

 こういった由々しき事態について、Jr.ファンは「法律できたから、やっと転売なくなる! って思ってたのに全然変わってない」「何十倍の金額で転売しようが、法律では規制できないんだね」と絶望する声や、「高額転売がムカつくから事務所に通報する」「ファンクラブに通報することには意味がある。転売撲滅!」と、ジャニーズコンサート事務局に地道に通報するよう呼びかけるコメントが上がっている。

 まだ同法が適用された事例は判明していないが、チケット不正転売禁止法によって、ジャニーズコンサートの転売も徐々に減少していくのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。