関ジャニ∞・村上信五、『Mステ』リハでの“神対応”とは? 「救世主」と出演者が感謝

関ジャニ∞・村上信五、『Mステ』リハでの“神対応”とは? 「救世主」と出演者が感謝
ヒナはおそらく本気で懐事情が知りたかったんだと思う

 関ジャニ∞がさまざまなアーティストを迎えてトークを繰り広げる音楽バラエティ『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。8月18日の放送は、俳優の菅田将暉、上白石萌音、作詞家・いしわたり淳治を迎え、「俳優が歌う“役者ソング”」特集が行われた。

 俳優として活躍しながら、2017年にはソロ歌手デビューをし、音楽活動も行っている菅田。米津玄師やあいみょんとコラボしたり、自身も出演していた連続ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系、2018年)の主題歌を担当したりと幅広い活躍をしているが、レコーディングや音楽番組といった現場は「アウェイというか……緊張する」とのこと。「役者業でカメラ目線で見ることってないから。いわゆるPVのリップとかでカメラ目線で歌うとか、すっごい恥ずかしい」と、俳優と歌手の違いに戸惑いがあることも明かしていた。

 すると村上信五が、俳優業も活発に行っている錦戸亮に「使い分けどうしてるの?」と質問。これに錦戸が「僕も(歌うとき)そんな(カメラを)見る方じゃないですからね」と答え、村上に向かって「あなたとは違います!」とバッサリ。いつもカメラを意識しながら歌っているという村上は、「そやな、確かにな」と笑いつつ、錦戸の意見に納得せざるを得ないのだった。

 一方、映画や舞台でも活躍している上白石は、映画『君の名は。』(16年)でヒロインの声優を務めた際、挿入歌の「なんでもないや」の歌唱を担当しており、歌番組にも多数出演していた。村上が「『なんでもないや』の頃とかはちょこちょこ(一緒になった)ね?」と言っていたように、音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、関ジャニ∞と同じ放送回に出演したことも。しかも、上白石にとっては、この時が「なんでもないや」を生歌唱で披露する、初めての場だったのだとか。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年8月20日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。