滝沢秀明、ジャニーズ舞台『少年たち』演出で「ジャニーさんを冒涜」「胸糞悪い」と批判噴出

滝沢秀明、ジャニーズ舞台『少年たち』演出で「ジャニーさんを冒涜」「胸糞悪い」と批判噴出
滝沢新世代に放たれた両グループはこちら

 2020年のCDデビューが決まっているジャニーズJr.内ユニット・SixTONESとSnow Manが出演する舞台『少年たち To be!』が、9月7日に東京・日生劇場で開幕した。企画・構成・総合演出はジャニー喜多川社長(享年87)が務めてきた作品だが、7月9日に亡くなったことを受け、ジャニーズアイランド・滝沢秀明社長が演出プランを引き継いだという。しかし初日を迎えた後、今作に対して「滝沢は演出向いてない。辞めれば?」と、多くの批判が噴出する事態となった。

 1965年の初演以降、数々のジャニーズタレントが引き継いできた『少年たち』シリーズ。デビュー前のKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTメンバーなども出演しており、上演ごとにストーリーやテーマの変更は生じているが、根幹で描かれるのはさまざまな事情によって刑務所に入った少年たちの葛藤、友情、夢の物語だ。今年3月には『映画 少年たち』が公開され、近年の舞台版と変わらずSixTONES、Snow Manがメイン出演している。

 2組による舞台『少年たち』は5年目となったが、“脱獄シーン”が開始数分で描かれるなど、これまでとはガラリと異なる内容だったとか。また1幕で登場する、それぞれが自身の思いを吐露するシーンについては、ニュースサイト・マイナビニュースの記事によれば「自分たちのことを手紙に書いて脚本家さんに渡すという、今までにない台本の作り方をしている」(田中樹)そうだ。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2019年9月10日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。