洗濯物はたたまないでOK! プロが伝授、スッキリ片付く「出しっぱなし」2つの収納法

汚部屋まるごと片付けます! 連載企画「30代女子の『煩悩部屋』ビフォーアフター」、第5回目のクライアントは葛飾区・3LDKのマンションに暮らす主婦Mさん(32歳)です。

洗濯物をたたんだり、収納ができません(主婦Mさん・32歳)

 前回に続き、第5回目のクライアント・東京都葛飾区の3LKに住むMさん(32歳)のマンションです。

[Before]

洗濯物はたたまないでOK! プロが伝授、スッキリ片付く「出しっぱなし」2つの収納法
家族3人が眠る寝室のクローゼット

 当コーナーに応募してくださったきっかけは、「家が汚いせいで夫が帰らない」という理由でした。初日の片付けで早くも良い方向へ向かいましたが、次に解決したい場所は、クローゼットが置いてある寝室です。目的は、クローゼットの収納力を上げること。そして、視界の散らかりをなくし、安眠できる空間へ変えることです。

問題点1:ベッドに衣類を置きっぱなし

[Before]

洗濯物はたたまないでOK! プロが伝授、スッキリ片付く「出しっぱなし」2つの収納法

 洗濯物をたたむ時間がないから、洋服を床に「出しっぱなし」。こんなに布モノ(繊維)が散らかれば当然、ホコリと湿気でムンムンです。寝室にはベッドシーツとカーテンがあるので、余分な布モノや家具を置かないほうが◎。動線がスッキリするほど、風通しも良くなります。

[After]

洗濯物はたたまないでOK! プロが伝授、スッキリ片付く「出しっぱなし」2つの収納法
家族3人が安眠できる、清潔なベッドに!

 安眠できる寝室に変わりましたね。しかしこのままでは、すぐリバウンドです。Mさんにとって「片付けやすい」部屋へと変えなければ終わりません。

 Mさんの場合、洗濯物や着た洋服の「出しっぱなし」が目立ちます。元の場所へ戻せないなら、あえて「出しっぱなし」にする方法がMさんに合うやり方です。

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。