嵐・櫻井翔、上白石萌音に『夜会』でデレデレ!? “どさくさ紛れ”に言ってもらったセリフとは

嵐・櫻井翔、上白石萌音に『夜会』でデレデレ!? “どさくさ紛れ”に言ってもらったセリフとは
翔くん……じゃなくていいのね

 嵐・櫻井翔と有吉弘行が有名人の素顔や本音に迫るバラエティー番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)。1月23日の放送回は、3週連続豪華俳優コラボ祭りの第3弾が放送され、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(同)から女優・上白石萌音、俳優・佐藤健らが登場した。

 上白石は12歳の時に「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞し芸能界入りすると、女子高生・宮水三葉と男子高校生・立花瀧(神木隆之介)の体が何度も入れ替わり運命が変わっていくアニメ映画『君の名は。』(2016年)で、ヒロイン・宮水の声優を務め大ブレーク。

 櫻井が「『君の名は。』だと、(人から)『あのセリフ言って』みたいな(お願いをよくされる)感じがあったりとか?」と聞くと、上白石は「しょっちゅうでしたね」とコメント。続けて「何が一番多いの?」と質問すると、「『“瀧くん”って言って』って言われるのが一番多い」とのことだったが、これに櫻井はにんまり。「すみません、どさくさ紛れに言ってもらいました」と、先ほどの質問は確信犯だったことを明かし、「『瀧くん』が聞けたのでありがとう」とうれしそうにデレデレしていた。

 一方で佐藤は、昔から謎解きが好きで、「日本でもうすべて遊び尽くしちゃったので、(オランダの)アムステルダムまで行ってきました」というほどのマニアとのこと。『オールスター感謝祭』(同)などを担当しているクイズ作家・矢野了平氏からは、謎解きイベントを行う前、問題に不備がないかの最終チェックをする“デバッグ”という検証会議に、プライベートの佐藤が現れたというタレコミが届く。なんでも謎を解くだけではなく、新しいアイデアを次々に提案していたといい、「こちらの仕事がなくなるので、問題が世に出るまで待ってください」とコメントが寄せられた。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。