抗議団体はトップレス集団以外も! フランスのフェミ事情を『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞く

抗議団体はトップレス集団以外も! フランスのフェミ事情を『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞く
拡大する(全2枚)
Photo:©MariePacifiqueZeltner

 29歳で乳がんと診断されたことをきっかけに、自らの日常と病気についてユーモアを交えて語るオールカラーの漫画ブログを開設し、のちに、そのブログがミシェル・ラフォン社からコミックとして出版されたフランスのコミック作家、リリ・ソンさん。2019年には、日本語版の『私のおっぱい戦争――29歳フランス女子の乳がん日記』(花伝社)が刊行され、同作で「女性の体」や「女らしさとは何か」といった問題について表現している。前編ではリリさんに、自身がフェミニズムを意識するようになったきっかけや、フランスにもある「完璧な母親像」についての見解をお聞きしたが、後編ではフランス人女性が行う抗議運動に関して話をうかがった。

(前編:『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞いた、フランス人も悩む「完璧な母親像」「女性らしさ」とフェミニズム

流行の話題として扱われてしまうフェミニズム

──フランスでは女性誌の記事などでも、「フェミニズム」といった言葉がごく普通に登場すると聞きました。フランスではフェミニズムの主張や意義などが、一般に浸透しているのでしょうか?

リリ・ソンさん(以下、リリ) 確かに、フランスの女性誌はフェミニズムについて語り、誌面にはフェミニストたちが使う言葉も登場します。でも、私に言わせれば、女性誌は“闘っている”のではなく、単に今はやりの話題に乗っているだけ。フェミニズムの記事と同時に、女性は痩せているべきだとか、ムダ毛のないスベスベした肌でないとダメだとか、ダイエットすべきだとか、セックスの場面では相手の言うことを聞かなきゃダメだとか、さまざまな規範を女性に押しつけ続ける記事を掲載しています。

 現実問題、2019年には、DVなどが原因となって女性が殺害された「フェミサイド(※1)」が145件も起きているんです。また、政府は、女性支援団体のための予算を計上しませんし、男性の育児休暇の義務化など、政治的措置を取っていません。

 一般の人々も、男女の不平等などの事実については認識していますが、フェミニストの闘いはいまだに非常にネガティブなものとして受け止められることが多いです。家父長制が男性の得につながりますし、男性には自分たちの特権を女性と分かち合う気がないのでしょう。

※1 ラテン語のfemina(女)と-cide(殺す)から作られた言葉で、文字通り訳せば「女性殺人」だが、近年の用法では「女性に対する憎悪による殺人」や「DV殺人」を意味する。

※フェミサイドに抗議するために19年10月5日にパリのモンパルナス墓地で行われたフェメンによる抗議行動。メンバーがゾンビの扮装をし、殺された女性たちひとりひとりの墓石に見立てた板をかかげている

──この「フェミサイド」は、最近、フランスをはじめとする欧州各国で大きな問題となっているようですね。政府も対策を取ると発表していますが、リリさんの周りでも話題になっていますか? また、フランス人の一般的な意識はどうなのでしょうか? 

リリ 私の周りではとても話題になっていますが、そもそも「フェミサイド」に問題意識を抱えている人たちなので、これが一般的なフランス人の傾向だとは言えないかもしれません。これらの犯罪を矮小化し続ける人たちもいて、例えば、DVによる殺人を「痴情のもつれによる殺人」「愛ゆえの殺人」、ひどい場合には単なる「事故」などと呼んで、三面記事の事件として扱う記者もいます。「フェミサイド」という用語が使われるようになったのは、わりと最近のことですが、こうした正しい呼び名が定着することを願っています。

──「フェミサイド」への抗議行動を、メディアを通して日本から見ていると、上半身裸で胸にスローガンを書いて抗議する女性たちのグループ「FEMEN(フェメン)」の存在感が大きいのかなと思います。特に若い人にとっては、フランスを代表するフェミニストグループと思われているという話もありますが。

リリ 外国メディアがフェメンに注目するのは、挑発的でインパクトがあるからでしょう。ただ、「フェメン」だけが抗議行動をしているわけではありません。フランス国内では、「ヌ・トゥット」や「アン・ナヴァン・トゥット」、「ジョルジェット・サンド」、「フォンダシオン・デ・ファム」、「オゼ・ル・フェミニスム」など、そのほかにも多くのフェミニスト団体が闘っていて、SNSではとても目立つ存在なんですよ。

 しかし先ほど触れた通り、フランスにも、フェミニズムに悪いイメージを抱く人がたくさんいることは事実。フェミニストの活動家を、世界征服を企み男性を服従させようとする過激派とみなし、「フェミニスト」と「ナチス」を組み合わせた「フェミ・ナチ」だと悪口を言う人もいるくらいですから。フェミニストたちも、そのような罵詈雑言に負けないように、声をますます大きくしているんです。

──「フェメン」はトップレスで抗議行動をしていますよね。「胸を見せる」という行為は、男性に“見る喜び”を与えている側面もあるように思います。「フェメン」をどのようにご覧になっていますか?

リリ 私から見ると、「フェメン」は国際環境NGOグリーン・ピース(国際的な環境保護団体だが、一方で過激な抗議活動が批判されている)と同じようなやり方をしているように感じます。メディアや一般の人々の注目を集めるために、インパクトのある行動を取っているのでしょう。「フェメン」は自分たちのメッセージを伝えるために、女性の体を“モノ化”し、その性的な側面を過剰に強調しています。しかも、これがうまくいっているんですよ! でも、裸の胸を見せることで、肝心のメッセージがあいまいになっている場合も残念ながら多いと思います。

抗議団体はトップレス集団以外も! フランスのフェミ事情を『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞く
『私のおっぱい戦争――29歳フランス女子の乳がん日記』(花伝社)

──少し前、フランスでは、有名ジャーナリストを含む男性ジャーナリストグループが、同業者の若手女性に対して、インターネット上でハラスメントを行っていたことが暴露され、スキャンダルになりました。今でも、女性や特にフェミニストがSNSで標的にされて攻撃を受けることはあるのでしょうか。

リリ はい、あります。特に、Twitterはひどいですね。Twitterは最も暴力的なSNSだと思います。というのも、多くのフェミニストが、「家へ押しかけて行ってレイプするぞ」だとか「殺すぞ」といった脅迫を受けているんですよ。しかも、彼女たちの家族に対しても脅迫が行われていて、加害者は明らかにやりすぎです。しかし不幸なことにインターネット上でのハラスメントに関しては、司法は大きく遅れを取っています。いくつかの法律が採択されましたが、施行されたものはまだとても少ないのが現状です。

 ただ、喜ばしいことに、現実世界では「シスター・フッド」の精神がどんどん強くなってきているのも事実。フェミニストたちはお互いを守り、勇気を出して一緒に抵抗しています。女性に対する性的暴行に反対するデモや、そうした問題に関する議論もどんどん大きくなってきているので、私も闘いながら解決策を見つけていきたいです。

リリ・ソン(Lili SOHN) 1984年8月29日ストラスブール生まれのフランスのコミック作家。本名オーレリー・ソン。ストラスブール第二大学で応用美術とヴィジュアル・アートを学ぶ。乳がん発覚をきっかけに、自らの日常と病気についてユーモアを交えて語るオールカラーの漫画ブログを開設。のちに、ミシェル・ラフォン社からコミックとして出版された。2015年、治療終了にともないフランスに帰国。現在はマルセイユに住み、コミックとイラストの制作を行っている。

プレゼント企画
『私のおっぱい戦争──29歳フランス女子の乳がん日記』は花伝社より発売中。
サイゾー・ウーマンの読者2名様に本書を抽選でプレゼントします。
応募締切:2020年3月5日(木)正午まで
応募は締め切りました。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。あらかじめご了承ください。

この記事の画像

「抗議団体はトップレス集団以外も! フランスのフェミ事情を『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞く」の画像1 「抗議団体はトップレス集団以外も! フランスのフェミ事情を『私のおっぱい戦争』リリ・ソン氏に聞く」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク