KinKi Kids、『ブンブブーン』でしゃべらない!? 堂本光一が「ラクさせてもらう」と宣言のワケ

KinKi Kids、『ブンブブーン』でしゃべらない!? 堂本光一が「ラクさせてもらう」と宣言のワケ
“冠番組”だからこそ頑張らない、これがキンキスタイル

 KinKi Kidsのバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系、2月15日放送)に、タレントの久本雅美と柴田理恵がゲスト出演した。

 番組冒頭では、“しゃべりのプロ”であるゲスト2人の登場を前に、堂本剛が「僕ら一切しゃべらなくてもいいんじゃないかな?」とポツリ。堂本光一も「ラクさせてもらいましょう」と、2人はリラックスした表情でロケに臨んでいた。

 「ゲストのやりたいことをする」というのがコンセプトの同番組。柴田のやりたいことは、「足の爪を切りたい!」というもの。以前、とあるテレビ番組で放送していた「正しい爪の切り方」を見てから、自分では怖くて切れなくなったという柴田。これを聞き、久本が「自分で切れや!」とあきれる中、ロケがスタートした。

 まずは「足の爪切り専門店」である「爪切り屋 足楽銀座店」にて、専門スタッフが実際に柴田の足の爪を切ることに。今まで「(爪の)白いところを全部切っていた」という柴田に対し、光一は「そうすると深爪になっちゃうでしょ?」指摘し、「俺、手がそうなんですよ」と告白。しかし、専門スタッフが「力入らなくないですか?」と尋ねたところ、光一は「全然。俺、握力60kgあります」と、サラリと否定していた。

 正しい足の爪の切り方として、「丸ではなく四角にすること。爪の両サイドは切らないのがポイント」などと紹介される中、光一が「小指の爪の外側が割れて、靴下を履く時に引っかかる。あれどうしたらいいですか?」と悩みを相談。専門スタッフが「あれは爪じゃなくて、甘皮が爪化したもので……」と説明すると、今まで静かにしていた剛が、突然「甘皮が爪化!?」と発言。これが、剛主演のドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系、1995年)を彷彿とさせる言い方だったと、久本と柴田は爆笑。「もう一回やって!」と久本にリクエストされるも、剛は「どんなドラマやねん!」とツッコミを入れていた。ちなみに、硬くなった甘皮はヤスリなどで削り落とすのが最善策なのだとか。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。