人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』リード、最終回直前のSNS投稿が「涙出てくる」と話題

人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』リード、最終回直前のSNS投稿が「涙出てくる」と話題
拡大する(全1枚)
『クリミナル・マインド FBI行動分析課』公式サイトより

 米「CBS」局で2005年9月に始まった、人気ドラマシリーズ『クリミナル・マインド FBI行動分析課(以下、クリミナル・マインド)』。ファイナル・エピソードが現地時間2月19日に放送され、15年の歴史に幕を閉じた。

 07年に、伝説のプロファイラー、ジェイソン・ギデオン役を演じていたマンディ・パティンキンが、「毎回女性がレイプされたり殺されたりするような番組内容が、自分の精神や人格に悪影響を及ぼす」として突然降板。10年に、局の幹部が制作側に「もっと若い女優を出せ」と命じ、A・J・クック(ジェニファー・ジャロウ役)とパジェット・ブリュースター(エミリー・プレンティス役)を突然解雇(その後、ばらばらにカムバック)。16年には、口論した脚本家の足を蹴ったとして、チームのリーダー、アーロン・ホッチナーを演じていたがトーマス・ギブソンが解雇されるなど、主要キャラクターが続々と降板。16年には、人気が高かったデレク・モーガン役のシェマー・ムーアが番組を卒業し、「さすがにもう持ちこたえられないだろう」「そろそろ潮時か」とウワサされたものだった。

 そんな『クリミナル・マインド』がシーズン15まで続く長寿ドラマとなった背景には、シーズン1から活躍し安定した人気を誇っていた、マシュー・グレイ・ギュブラー演じるスペンサー・リードと、カーステン・ヴァングスネス演じるペネロープ・ガルシアという個性的なキャラクターの存在が大きかったといえるだろう。

 一見FBI捜査官には見えないクセの強い役を演じたマシューとカーステンは、ファイナル・エピソード放送前、ファンの気持ちに応えるかのようにSNSを頻繁に更新。その中でも最終回当日の19日にマシューが投稿した写真とメッセージが切なすぎると大きな話題を集めた。

この投稿をInstagramで見る

i’ve carried these 3 props with me almost every day for the last 15 years. after tonight i’ll just carry them in my heart where i will forever keep memories of the best crew, the best cast, and the best fands (fans/friends) a fictional crimefighter could ever have.

official matthew gray gubler(@gublergram)がシェアした投稿 - 2020年 2月月19日午後2時23分PST

 マシューが、Twitterとインスタグラムに投稿したのは、リードの「FBI紋章入りの卓上ネームプレート」「FBI捜査官のID」「拳銃」「腕時計」を机の上に置いた写真と、「過去15年間、毎日のようにこの3つの小道具を身に着けてきた。今夜からは、心の中にこの3つの小道具を持ち続けようと思う。最高のクルー、最高のキャスト、これ以上は望めないほど最高のファンズ(ファン/フレンズ)との思い出を永遠にしまい続ける、僕の心の中にね」というメッセージ。

 3つの小道具とは、番組でリードが常に身に着け、長袖着用時には袖の上にはめていた「腕時計」、常にズボンの右ポケットの上という抜き出しにくそうな位置に着けていたことで「素人みたい」といじられることが多かった「拳銃」、そしてズボンの左側に着けていることが多かった「ID」だとみられ、ネット上は「涙が出てくる」「確かにリードを象徴するアイテムだったよね」「スペンサー・リードは、ファンの心の中で生き続けるから!」といった意見であふれ返った。

 マシューはインスタグラムのストーリーに、最後に撮影したシーンの写真・動画や、15年間を振り返り、クルーやキャストとの写真をコメント付きで投稿。番組を去ったマンディ、シェマー、そしてトーマスとの写真もあり、多くのファンが「彼らのことも仲間だと思っているマシューが、いい人すぎる」と感動すると同時に、「本当に終わりなんだ」と感傷に浸っていた。

 一方、カーステンは、クルーやキャストとの楽しそうな写真をインスタグラムにたくさん投稿。19日には、捜査員たちが乗り込んだエレベーターの扉が閉じるシーンを、クルーが編集している動画を投稿し、「今夜、みんなが見るシーンだよ」と予告した。また、インスタグラムのストーリーには、「ペネロープ・ガルシアは、みんなの心の中に生きてるから。みんな彼女の面倒を見てあげてね、よろしく」と語る動画がアップされており、「いつもハッピーな気分にさせてくれるペネロープらしいメッセージ」だとファンを喜ばせた。

 マシューだが、放送直前に米テレビ情報サイト「TVLine」が掲載したインタビュー特集記事の中で、「シリーズで最初に撮影したシーンと、最後に撮影したシーン、両方に出ることができたんだ」「だから、ラストシーンは自分にとって最高の締めくくりになったと思う」と告白。「最初のシーンも最後のシーンも、カメラの撮影ボタンを押させてもらったんだよ」と、うれしそうに語った。

 ニューヨーク大学ティッシュ芸術学校で映画監督を専攻したマシューは、『クリミナル・マインド』のエピソードを計12話監督しており、今後は監督としての活躍も期待されている。俳優としてもまだまだ活動する予定で、年内に『King Knight』というコメディに出演する予定もある。

 パジェットは、CBS局の『ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝』シーズン2や、Netflixドラマ『Hollywood』へのキャスティングが決まっており、ジョー・マンテーニャ(デヴィッド・ロッシ役)は「春くらいに映画を監督するかも」と発言。ファイナルシーズンの脚本を共同執筆したカーステンは、今後脚本家としてのキャリアに力を入れるとコメントし、A・J・クックは「しばらくは家族との時間を過ごしたい」「だけど監督にはもっと挑戦してみたい」と明かすなど、今後もハリウッドで活躍し続けるであろう『クリミナル・マインド』のキャストたち。早くも、「何年後かに同窓会エピソードを制作してほしい!」と切望する声が多数上がっており、長い目で期待したいところだ。

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。