ジャニーズ「Jr.大賞」めぐり「Myojo」に批判噴出! 「1位の匂わせやめて」「読者を混乱させるな」

 1995年からアイドル誌「Myojo」(集英社)にて毎年行われている恒例企画「恋人にしたいJr.」ランキング。“CDデビューへの登竜門”とも言われる栄誉ある賞だけに、ジャニーズJr.のファンは「誰が1位に輝くのか」と、期待に胸を膨らませている。2月22日発売の2020年4月号で、その詳細が明らかになるが、同誌のSNSが結果を“匂わせる”写真を投稿し、ファンから非難の声が相次いでいる。

 読者投票による「あなたが選ぶJr.大賞」は、「友だちにしたい」「キスしてみたい」「ペットにしたい」など、さまざまな部門でJr.界の1位を決める恒例企画。中でもファンが注視しているのは、実質的な“人気ランキング”の「恋人にしたいJr.」部門だ。第1回の森田剛&三宅健(V6)を皮切りに、滝沢秀明、相葉雅紀(嵐)、山下智久、亀梨和也(KAT‐TUN)、山田涼介(Hey!Say!JUMP)、橋本良亮(A.B.C-Z)、中島健人(Sexy Zone)らが1位を獲得。1位になったJr.の多くがのちにCDデビューしており、2014~18年にかけて史上初の5連覇を成し遂げた岩橋玄樹は、満を持して19年5月にKing&Princeとしてデビューを果たした。その翌年、19年には関西Jr.内ユニット・なにわ男子の西畑大吾が首位に輝いている。

「『恋人にしたいJr.』の上位に入ると、同誌で特集が組まれるなど、露出や仕事が増えるきっかけにもなっています。毎年、ファンはイチオシのJr.を“1位にしてあげたい”と、投票や宣伝活動に奮闘。Jr.ファン同士が盛り上がる一大イベントなんです。今回の第26回は、19年12月号と、20年1月号についている応募券を使って投票。専用の用紙には、『投票は読者の方おひとりにつき1枚限りです。複数枚、投票されても1枚しか受けつけられません』『他人の住所・氏名等を無断で使用しての投票は絶対にやめてください』と注意事項の記載がありますが、実際には、一人で何票も投じているファンも少なくないでしょうね」(ジャニーズに詳しい記者)


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。