King&Prince・平野紫耀、「悔しすぎる」ロケでリベンジ宣言! 「感動した」「待ってる」と反響

King&Prince・平野紫耀、「悔しすぎる」ロケでリベンジ宣言! 「感動した」「待ってる」と反響
       
「悔しいです!」

 今年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向け、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で放送中のKing&Princeの「MEDAL RUSH」。3月2~6日は、東京オリンピックの候補選手を指導する宮澤克明コーチ指導のもと、平野紫耀がスポーツクライミングの「リードクライミング」に挑戦した。

 「リードクライミング」とは、高さ12メートル以上の壁を制限時間6分間で、どこまで登れるかを競う競技。昨年4月に平野は同コーナーで“瞬発力”が必要な「ボルダリング」に挑戦しているが、これに対し「リードクライミング」は“持久力”が必要だという。さらに、公式ルールには「選手(クライマー)たちが自分で命綱をひっかけながら登る」というものがあり、一歩間違えれば落下して死亡する可能性があるため、今回は“ハーネス”と呼ばれる安全帯と命綱をあらかじめつけた状態で挑戦した。

 まずは、制限時間6分で緑色のホールド(石)だけをつかみ、8メートルの高さのゴールを目指すことに。経験者とあって、5メートル付近まで登れたが、スタミナ切れにより落下。宮澤コーチは平野を「上半身の力はあるなと思いました」と褒めるものの、「ただクライミングは脚なので」と、腕で体を引き寄せるのではなく、脚全体で体を支えて登ることが大切だと説明。

 そこで、体力を消耗しない登り方を教えてもらうと、平野はすぐに習得し「うわ、すげぇラク!」と感動。同じ条件で8メートルの高さに再挑戦すると、適度に腕を休ませながら登り続け、残り時間10秒でゴール。ただ、ロープで降ろされてくる平野は、救助されているかのようで、宮澤コーチから「降りてくる体勢が“運ばれてくる人”」とツッコまれていた。


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月7日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。