出刃包丁で143カ所ズタズタに――“うわさ話”に追い詰められた女の鬱屈【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:後編】

 昭和51年、1月28日。練馬区東大泉に暮らす主婦・佐藤明子さん(仮名・当時40)はパートから自宅に帰ったと同時に、隣人の青木友子(仮名・当時47)から出刃包丁で切りつけられた。顔と頭をひたすらに包丁で切りつけられ、頸動脈切断による出血多量で死亡。合計143カ所もの傷がつけられ、両手首は切断、顔は元の姿がわからないほど切り刻まれていた。

(前編はこちら)

出刃包丁で143カ所ズタズタに――“うわさ話”に追い詰められた女の鬱屈【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:後編】
D:5(写真ACより)

都営住宅に同年に入居、“普通”の隣人付き合いだった

 友子がこの都営住宅に家族と住み着いたのは昭和32年。夫は、通産省(当時)の工業技術院の課長で、当時21歳の長女を筆頭に、4人姉妹と共に暮らしていた。東京に生まれた友子の父親は早くに亡くなり、女手一つで育てられた。母親はマッサージや三味線を教えながら、友子を大妻女子専門学校へ通わせ、卒業後は千葉県市川市の中学校で教師となったが、1年ほどで退職する。職業訓練校でタイプを習い、工業技術院の採用試験に見事合格。ここで夫と出会い、結婚に至った。

「犯人の青木さんは、普段から口数が少なくておとなしい奥さんだったんですよ。まさかあんなことをするなんて……」

 近所の主婦たちは事件当時、こう口々に語っている。一方、被害者の明子さんは高校卒業後、生命保険会社に勤める夫と結婚し、のちに遺体の第一発見者となる長女を含む、子ども2人をもうけた。近所でも「都営小町」と呼ばれるほどの美人で明るい性格。PTAの役員を務めるなど地元の信頼も厚く、子どもも成績優秀で、家庭は至って円満であった。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。