TKO・木下隆行、YouTubeチャンネル開設で「謝罪動画」公開も……「登録者数850人弱」の寂しい現況

TKO・木下隆行、YouTubeチャンネル開設で「謝罪動画」公開も……「登録者数850人弱」の寂しい現況
拡大する(全1枚)
ちなみに宮迫の謝罪動画は500万回再生だったが

 TKO・木下隆行が4月1日、公式YouTubeチャンネル「木下プロダクション」で動画を公開。昨年の“パワハラ報道”などが影響し、3月15日をもって大手芸能プロダクション・松竹芸能を退社してフリーになった木下だが、「YouTube初投稿となったこの動画で“謝罪”しているものの、ネットユーザーの視線は冷ややか」(芸能ライター)のようだ。

「木下のパワハラぶりを伝えたのは、昨年9月発売の『週刊大衆』(双葉社)。記事によれば、木下は先輩芸人のよゐこ・濱口優と南明奈の結婚祝賀パーティーで、後輩芸人たちから会費を徴収するも、濱口が気を利かせて支払いを済ませたそう。木下は集めた会費でプレゼントを贈ると提案したものの、実行された様子がなかったため、オジンオズボーン・篠宮暁がその件について尋ねたといいます。すると木下は激怒し、中身の入ったペットボトルを至近距離から投げつけ、篠宮にケガをさせた……と報じられていました」(同)

 その後、松竹芸能は報道にあったトラブルについて、当人同士で「和解した」とコメントしていたが、結局、木下は退社に至った。そして今回、木下も動画の中で「パワハラ騒動」について言及している。

「木下は、動画の冒頭で『パワハラ騒動の件でご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。ファンの皆様、関係者の皆様、そして何より後輩の皆様、ご迷惑をおかけしてしまいすみませんでした。こうなったのは、全て、僕が調子乗ってたんやと思います』と謝罪。しかし、ネットユーザーからは『パワハラした後輩には本当に許してもらったのか? そこがハッキリしないとなんとも言えない』『こんなふうに、わざわざ“世間に向けて”謝罪してるところが、パフォーマンスっぽくてしらじらしい』『一体誰に、何を謝っているんだか』など、批判的な声が寄せられています」(同)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク