柴咲コウ、宮迫博之……YouTuberデビュー続出のウラで「オファー」蔓延! 著名人ならではの“特別条件”も?

柴咲コウ、宮迫博之……YouTuberデビュー続出のウラで「オファー」蔓延! 著名人ならではの“特別条件”も?
柴咲コウ公式サイトより

 事務所独立に伴い、公式チャンネルを開設した柴咲コウなど、ここ最近、芸能人の「YouTuberデビュー」が、連日ニュースとなっている。その背景には、新型コロナウイルス感染拡大の影響により外出自粛要請の日々が続き、タレントが自宅で過ごす時間が増えているという世情も関係しているだろう。しかし、芸能人YouTuberが“乱立”しだしたのは、水面下で、YouTube本体、あるいは代理店からチャンネル開設のオファーがあったタレントが多数存在していることも影響するのだとか。

 ここ最近、新型コロナウイルス対策でテレビの収録が中止となり、芸能人の仕事が激減しているだけに、彼らの“YouTube移行”が進むのは、ある意味当然の流れかもしれない。

「YouTubeで通常配信を始める場合には、動画の撮影や編集だけでなく、アカウントの設定や手続きも必要となります。さらに、動画に広告を付けて収益化する際には、一定のチャンネル登録者数、そして合計再生時間に設けられた条件を満たす必要がある。しかし、芸能人の中には、チャンネル開設後、最初の動画から広告がつけられているケースもあり、これは、著名人ならではの『特例』によるものだそうです」(広告代理店関係者)

 昨年頃から、一部の芸能人や所属事務所に対して、YouTube本体、あるいは代理店からの「オファー」が相次いでいたのだという。

「エージェントによっては、『広告条件が最初からクリアされる』というメリットがあるだけでなく、動画の編集から配信、コンサルティングまで対応してくれるところも。雨上がり決死隊・宮迫博之は、チャンネル開設当初から動画でコラボを続けている人気YouTuber・ヒカルの紹介で、エージェント企業を紹介されたそうですし、柴咲にしても、“オファー”を受けたことがきっかけてチャンネル開設に至ったそうです」(同)


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月17日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。