【セブン-イレブン】冷凍食品とチルド食品の違いとは? 価格とダイエット面では「冷凍」が優秀なワケ

【セブン-イレブン】冷凍食品とチルド食品の違いとは? 価格とダイエット面では「冷凍」が優秀なワケ
ohsakaさんによる写真ACからの写真

「おいしいごはんが食べたい、でも自炊するのはめんどくさい!」そんなズボラ女子の救世主といえば、コンビニ・ファミレス・ファストフード! 毎日の食事をおいしく楽チンにするため、“お酒とおつまみ大好き”管理栄養士・川村郁子先生に、さまざまなテーマに合わせた「おすすめメニュー」を聞いちゃいます。

「セブン-イレブン」冷凍食品VSチルド食品! “保存方法”以外の違いを探れ!

 前回に引き続き、コンビニの冷凍食品を紹介していきます! 今回は、40種類の冷凍食品を展開している「セブン-イレブン」に注目。「チルド商品」との違いなど、川村先生に解説をお願いしました。

――セブン-イレブンに限らず、コンビニでは「冷凍食品」と「チルド食品」が売られています。2つの違いはなんでしょうか?

川村郁子先生(以下、川村) コンビニの“冷蔵コーナー”に置かれているチルド食品は、だいたい0度前後(5~-5度くらい)の凍らない低温で製造・保存されています。「低温管理食品」ともいい、食品の鮮度を保ちながら、冷蔵庫(10度以下)の温度で流通されています。この温度帯は、食品の凍結による組織の変化やタンパク質の変性などを抑えつつ、病原微生物の増殖も抑制できるため、広く用いられています。

 一方、冷凍食品は-18度以下で製造・流通・保存する食品のこと。凍結させることで高い保存性や、食材の安定供給、コストの安定化といったメリットが挙げられます。食品ロスを削減するという意味で、賞味期限が長い冷凍食品はチルド食品より優れていると言えます。


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ダイエット」に関する記事

「ダイエット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ダイエット」の記事

次に読みたい「ダイエット」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。