眞子さま「強いお気持ち」杏「見事な女っぷり」沢尻エリカ「女優復帰は?」……2020年の“女”を斬る!

眞子さま「強いお気持ち」杏「見事な女っぷり」沢尻エリカ「女優復帰は?」……2020年の“女”を斬る!
拡大する(全1枚)
公式プロフィールより

「女性週刊誌ぶった斬り!」を連載中の、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク・神林広恵が、今年世間を騒がせた女たちを斬る!

 世界にとって特異で異様な年となってしまった2020年。来年は明るくなるといいなと思いを込め、今年を振り返りながら、年末恒例! 女性の注目人物ベスト3(極私的)をピックアップして振り返りたい。

1位 杏

 コロナ禍でもたくさんあった芸能界の不倫騒動。そんな2020年を予感させ、先陣を切るように大騒動となったのが東出昌大の不倫騒動だった。なにしろ妻は女優の杏。結婚当初は杏のほうが圧倒的な知名度、実績を誇っていたことから格差婚ともいわれ、その後は杏の内助の功で東出もまた活躍していったことから、不倫への風当たりはもちろん強かった。しかも杏は世界の渡辺謙の愛娘でもある。東出、なにさま! 誰のおかげで! と多くの女性たちから大ひんしゅくを買ったのだった。

 そんな東出不倫だったが、その陰で見事な女っぷりを見せたのが妻の杏だった。2月、騒動後、初めてイベントに出演した杏は、その場で自ら不倫について切り出し、騒動を謝罪しつつ、家族にも向けられたマスコミの過剰な取材に対して配慮を求めた。

 東出と杏の離婚時期が注目され、またコロナ感染拡大で緊急事態宣言が出た4月、杏は自宅で加川良の「教訓Ⅰ」を弾き語りする自身の動画を所属事務所のYouTube公式チャンネルにアップした。「教訓Ⅰ」はアメリカのベトナム戦争をめぐって日本でも反戦運動が高まっていた1970年、熱狂的な支持を集めたフォークシンガー・加川良が発表した反戦歌。しかも、その歌詞はシンプルに反戦を叫ぶのでなく、「国のために命を捧げる」という物語を相対化し、そのくだらなさを暴く、鋭くて本質的で、かつユーモラスなもの。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク